【連載コラム】連日の飲み会で疲れた胃の調子を整える!冬野菜〜大根編

公開日:2018年12月03日

【連載コラム】連日の飲み会で疲れた胃の調子を整える!冬野菜〜大根編

INDEX

大根に含まれる栄養素

大根は「自然の消化剤」 といえます。

でんぷん分解酵素であるジアスターゼをはじめ、脂肪分解酵素のリパーゼ、

たんぱく質分解酵素のプロテアーゼなどの酵素が働き、胃の調子を良くしてくれます。

大根に含まれる多くの栄養素は、大根おろしにして頂くと吸収率がアップします。

また、大根は部位によって味が変わり、切り方によっても違った食感が楽しめます。

生食では繊維に沿って縦に切るとシャキシャキした食感を味わうことができ

煮物では繊維に対して横に切ると火が通りやすくなります。

葉に近い方へ行くほど甘みが増し、先端に行くほど辛みが増します。

したがって、葉に近い方サラダや大根おろしなどの生食

中間部分煮物やおでんなど

先端部分漬物や切干し大根など、というように使い分けると良いでしょう。
大根は葉も頂きましょう。

大根の葉は、ほうれん草と比較してみると、

ビタミンCが約5.5倍・鉄分は約1.5倍・カルシウムは約5.3倍も含まれています。

大根の旬な時期

大根の旬な時期は12~2月です。

寒くなるほど甘みを増して、美味しくなるので冬野菜となります。

大根の新鮮な選び方

★表面がすべすべしていて白く、毛穴が少ない

★葉付きの場合は、葉の色が鮮やかで緑色である

簡単おすすめメニュー


大根の葉の炒めものの作り方
大根の葉(1mm幅に切る) 約200g ※塩もみしえぐみと水分をだす

☆油 約大さじ1
☆本だし 小さじ1
☆砂糖 大さじ3
☆醤油 大さじ2
☆めんつゆ 大さじ1
☆酒 大さじ1
☆水 1/4カップ

① 油を熱したフライパンに大根の葉をいれしんなりするまで炒める
② ☆を全て加えて水分がなくなるまで煮込む

おつまみやご飯のお供に!
9 件

関連記事