【連載コラム】においの成分が体を温め疲れを取り去る!冬の野菜〜にら編

公開日:2018年12月13日

【連載コラム】においの成分が体を温め疲れを取り去る!冬の野菜〜にら編

INDEX

「にら」に含まれる栄養素

にらの効能は薬草並みです。

起陽草とも呼ばれ、古くからスタミナ野菜として食べられてきました。

その効能は、冷え性改善や風邪予防、整腸作用、眼精疲労、体力回復など総合的なものです。

また、独特の深いにおいの成分である硫化アリルは、

体力回復に効果を発揮するビタミンB1の代謝を活発にします。また、殺菌作用もあります。

ビタミンB1とは、糖質を分解してエネルギーになるのを助ける働きです。

また、ストレスを和らげ精神を安定させる効果が期待できます。

「にら」の旬の時期

にらは年中流通している気もしますが、旬は1~3月になります。

新鮮な「にら」の選び方

★根元の切り口がみずみずしいもの

★茎に適度な弾力があるもの

簡単おすすめメニュー

簡単だけどしっかりおかず!にら玉の作り方≪2人分≫

にら(3cm幅に切る) 1/2束
卵 2個
鶏ガラスープの素 小さじ1/4

☆塩 小さじ1/4
☆こしょう 少々
ごま油 小さじ1

1 熱したフライパンにごま油を入れ溶いた卵と鶏ガラスープの素を流し入れる
2 ①を一度皿に取り同じフライパンでにらと☆をしんなりするまで炒める
3 ①と②を合わせる
9 件

関連記事