【連載コラム】粘膜を保護し胃腸のトラブルを解消!冬野菜〜れんこん編

公開日:2019年01月09日

【連載コラム】粘膜を保護し胃腸のトラブルを解消!冬野菜〜れんこん編

INDEX

れんこんに含まれる栄養素

疲れた胃を癒す効果があります。

れんこんの渋味のもとはタンニンで、タンニンは胃潰瘍や十二指腸の疾患を予防してくれます。

また、れんこんに含まれるムチンは消化を促進し、胃腸の負担を軽減してくれます。

小さめの節 1 本の中にはなんとレモン 1 個分ものビタミン C を含有しています。

ビタミン C はアルコー ル分解で消費されます。

したがって、飲み会が多くついつい食べ過ぎてしまう年末年始には是非積極的に摂りたい食材です。

れんこんの旬の時期

11~1 月頃。

秋口に出荷される新れんこんは柔らかく、

秋から冬にかけてのれんこんは粘り気があって甘みがあります。

新鮮なれんこんの選び方

★表面にツヤがあり傷がないもの

★筋と節の間は太くて長いもの

簡単おすすめメニュー

ヘルシー!れんこんピザの作り方 ≪直径 20cm1 枚分≫
れんこん(皮をむき 2~3mm の輪切り) 170g

※水と小さじ 2 程度の酢を合わせたものにつけておく
↑変色防止の為 片栗粉 適量

・準備するもの
オリーブオイル 大さじ 2
☆しめじ(石づきをとってほぐす) 25g
☆舞茸(石づきをとってほぐす) 25g
☆青ねぎ(2~3cm の斜め切り) 25g
☆塩、こしょう 少々
釜揚げしらす 大さじ 2
ピザ用チーズ 約 30g
マヨネーズ 適量
大葉(細切り) 3 枚

・手順
①れんこんに片栗粉をまぶし、フライパンにオリーブオイルを熱し、
れんこんを少し重ねながら広げ、 焼き色がついたらひっくり返す。

②別のフライパンで☆を軽く炒め合わせる。

③1に2をのせ、釜揚げしらす・ピザ用チーズ・マヨネーズを順にトッピング。

④バーナーor 魚焼きグリル or オーブントースターor オーブンで表面に焼き色をつける。

⑤皿に盛り大葉を散らして完成!
9 件

関連記事