海にもプールにも!水に強いメイクで、夏を楽しもう!

海にもプールにも!水に強いメイクで、夏を楽しもう!

もうすぐ夏本番、イベント盛りだくさんの季節ですね。

そんな中でも人気のレジャーと言えば海&プールですが、 メイク崩れが気になって楽しめない、 どうせ落ちちゃうからすっぴんでいいや…なんて悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

せっかくの海&プール、可愛く楽しみたいですよね。

そんな悩みを解決する水に強いメイクのポイントをご紹介します!

INDEX

水に強いメイクの要はベース作り!

水に強いメイクで大切なのは、ベース作りです。

ベースをきちんと作らないとその上に何を重ねてもすぐに浮いて取れてしまいます。

そんな重要なベース作りのポイントは、

まずは顔の産毛は剃り、保湿をしっかりと行ってからメイクをスタートさせることです。

こうすることによって、化粧品が肌へきっちりと密着し落ちにくく崩れにくくなります。

こうして肌を整えた後に、下地として日焼け止めを薄く塗ります。

そして気になる部分にはコンシーラーを薄く塗り更に軽くパウダーをはたけば完成です。

ウォータープルーフのファンデーションも売られていますがわざわざ買わなくても、

コンシーラーはカバー力もあり、水弾きも良いので十分水に落ちにくいメイクとして使えます。

あくまでも薄付きがポイントですので、小まめにティッシュオフをし厚塗りしないように注意してくださいね。

水に入っても崩れないポイントメイク

続いては、水に強いポイントメイクについてご紹介します。ポイントメイクのアイテムは基本的にパウダータイプは避けましょう。

アイブロウ

パウダーやペンシルが主流のアイブロウですが、プールや海に行く機会が多い夏は眉ティントがおすすめです。肌に直接着色するので濡れても落ちることがありません。好みの眉の形に塗布し、乾かしてはがすだけとお手軽なのも嬉しいですね。

アイメイク

アイシャドウはパウダーではなくクリームやジェルタイプを薄くつけましょう。アイラインはリキッドタイプがおすすめです。まつ毛はエクステが確実ですが、付けられない場合は、ウォータープルーフのマスカラもしくはつけまつ毛にしましょう。つけまつ毛の場合はノリをしっかり付けるのがポイントです。

チーク

クリームタイプや色によってはマットリップを塗り込むのも良いでしょう。

リップ

マットタイプを選ぶかリップティントを使用すると便利です。

こんなメイクはNG

水に強い、プールなどでも崩れないメイクと聞くと簡単には落ちないようにと厚塗りをしてしまう方もいるのではないでしょうか?実はそれは間違いなんです。メイクが崩れる要因の多くは厚塗りからくるヨレや乾燥がもたらします。ですので、ベースメイクもポイントメイクも厚塗りやつけ過ぎはせず、薄付きなメイクを心掛けましょう

プールや海でのメイクのポイント

水に落ちないないメイクと聞くとウォータープルーフを使えばいいやと思いがちですが、

肌に負担をかけてしまうこともありますので、

通常アイテムでもきちんと肌に密着するように保湿をしっかりすることがとても大切です。

プールや海に行ったあともケアを忘れないでくださいね。

また、水に入る前に汗でメイクが崩れてしまうこともあるので、汗対策、毛穴引き締めも重要です。

薄くても丁寧なメイクをするのが落ちにくくするコツです。

まとめ

今回はプールや海でも落ちない、水に強いメイクについてご紹介しました。プールや施設によってはメイクを禁止している所もあるので必ず事前に確認し、ルールを守って利用しましょう。夏までに水に強いメイクをしっかりマスターして、レジャーを思いっきり楽しんじゃいましょう!
24 件

関連記事