歯列矯正についてただなわデンタルクリニック祐天寺の院長にインタビュー

公開日:2020年07月28日

歯列矯正についてただなわデンタルクリニック祐天寺の院長にインタビュー
最近は、新型コロナウイルスの影響によりマスクの着用が常習化され、このタイミングで歯の矯正をする人が増えているようです。
歯の矯正のイメージといえば、歯に金属のワイヤーを付けて目立ったり、目立たないタイプは高そうで手を出しにくい。
また、最新の歯の矯正方法である透明のマウスピースを装着する矯正は本当に治るのか?
歯の矯正は高い買い物になるので、失敗しないためのドクターの選び方は?
今回は、そんな歯の矯正に対する疑問を、祐天寺にある『ただなわデンタルクリニックの古居院長』に歯の矯正についてお話を伺いました。
ただなわデンタルクリニック 古居院長



「古居院長、ご開院おめでとうございます!
早速ですが、新型コロナウイルスが流行ってから歯の矯正をする方が増えたと聞きましたが、ただなわデンタルクリニックでも増えていますか?」


古居院長
ありがとうございます。
ただなわデンタルクリニックでも、矯正をされる方が増えている傾向にあります。
歯の矯正の多くのイメージは、歯の表面に金属のワイヤーを付けるタイプの物ではないでしょうか?
歯の表面に付けて矯正するタイプだと笑った時に見えることを理由に矯正を躊躇する方が多いです。

また、歯の裏に器具をつけて矯正するタイプもあります。
こちらは、笑っても見えませんが、歯の表面に付けるタイプの矯正よりも価格が上がるため、
今マスクを常に付けられる時期に価格の安い歯の表面に金属のワイヤーを付けて矯正するタイプで矯正する方が増えました。
特にサービス業の方は常に対話をしていて見られずに矯正をするタイミングがないので、最近矯正される方の多くはサービス業や人前に出る職業の方が多いです。


「古居院長は『インビザライン認定プラチナドクター』という資格をお持ちですが、この資格は具体的にどういったものなんでしょうか?」


古居院長
インビザラインとは、ワイヤーを使った矯正ではなくマウスピースを使った矯正の方法です。
インビザライン認定プラチナドクターは、インビザライン治療権威件数が500症例以上のドクターに送られ、より的確でプロフェッショナルな治療をが行える基準として設けられています。
マウスピースでの矯正は透明なマウスピースを使用するため見た目を気にすることなく歯列矯正を行うことができます。
マウスピースでの歯列矯正をお考えの方はこの『インビザライン認定』を、ドクター選びの基準にすると失敗を防げると思います。


「マウスピースだけでしっかりと歯の矯正ができるのでしょうか?」


古居院長
はい。期間もワイヤーをつける矯正とマウスピースでの矯正はほぼ変わりません。
ワイヤーを装着タイプと違い、マウスピースだと取り外しも可能なため、食事制限や、衛生面も気にせず食事ができます。
また、写真を撮るときや、デートがあれば外しておくことも可能なので矯正を気にせず過ごすことができます。


まとめ

皆さんの歯の矯正の疑問は解消されましたか?
マウスピースでの歯列矯正はメリットが多く、しかも、ただなわデンタルクリニックの古居院長は『インビザライン認定プラチナドクター』なので安心してお願いできますね。
今はマスクを付けられる時期なので、コストを抑えられる金属のワイヤータイプも魅力的ですね。

どちらにするか相談だけすることもできます。

祐天寺・中目黒近隣にお住いの皆様は一度相談してみてください♪
今のうちにこっそり笑顔に差を付けましょう!
『ただなわデンタルクリニック 祐天寺』へ問い合わせはこちら
7 件

関連記事