歯の健康を考える 第五回 ~教えて、ただなわ先生~

歯の健康を考える 第五回 ~教えて、ただなわ先生~
第五回目のコラムのテーマは「妊娠中のお口のケア」です。
妊娠中は歯のトラブルが起こりやすいと
聞いたことがある方も多いと思います。
赤ちゃんへの影響も気になるところですよね。
今回は妊娠と口内環境の関係やトラブルなど さまざまな角度から詳しく聞いてきました!
目次

INDEX

女性ホルモンの分泌量の変化

妊娠中の口内トラブルには、女性ホルモン分泌量の変化なども
大きく影響していると言われています。

妊娠すると、エストロゲンやプロゲステロンという
女性ホルモンの分泌量が10倍~100倍にも
なると言われており、口中の女性ホルモン濃度も高くなります。

それにより女性ホルモンを栄養源にして繁殖する種類の歯周病菌が
活発に増殖することで、 歯肉炎や歯周病が起こりやすくなるのです。

妊娠中の口内環境

妊娠すると食べ物の好みも変わってくることは知られていますよね。
すっぱいものが食べたくなるという話も耳にします。
つわりで胃酸の逆流が起こってしまう場合もあり
口内が酸性に偏ってしまう傾向が見られます。

さらに、つわりが原因で十分なブラッシングができなくなったり、
ホルモンの影響で唾液の分泌量が減少したりと
歯周病や虫歯になりやすい環境に陥りがちなのです。

また、間食の回数が増えたり、だらだら食べ続ける習慣がつくことで
お口の中が清潔に保たれない状況が知らない間に続いてしまうこともあります。
赤ちゃんの誕生を楽しみに待つ日常の中で
知らぬ間に口内環境を悪化させてしまうのは残念です。

虫歯や歯周病がある場合、また自覚症状がない場合でも、
妊娠中期(つわりが落ち着く頃)には治療や検診を受けましょう。

出産への影響

歯周病を患っている妊婦さんの、早産低体重児出産のリスクは
歯周病でない妊婦さんのおよそ7倍にもなると言われています。
これは高齢出産などの危険性よりも高い数値です。

重症化した歯周病は、大切な赤ちゃんの命をも脅かしてしまうのです。

出産後のお母さんと赤ちゃん

出産後は赤ちゃんのお世話で忙しく、
お母さんは自分のことにまで手が回らなくなります。
虫歯や歯周病になっても なかなか歯科へ行けないというのが現実なのです。

また、歯周病菌や虫歯菌は 口うつしでの食事や、
スプーンやフォークの共有などで 赤ちゃんにもうつる恐れがあるため注意が必要です。

これから生まれてくる赤ちゃんのために、
生まれてきてくれた赤ちゃんの健康のために、
妊婦さんのうちに歯科での定期的な検診を受け
口内環境を良い状態に保つことが大切なのです。

ただなわ先生のプロフィール

ただなわデンタルクリニック下北沢
    忠繩 龍哉 院長


  • 経歴
  • 愛知学院大学歯学部 卒業

    日本大学歯学部付属歯科病院にて勤務

    都内(亀戸)にて地域に根付いた診療を行い訪問診療にも従事

    都内大型医療法人インプラントセンターにて勤務


    • 所属
    • 国際インプラント学会 所属

      顎咬合学会 所属

      UCLA大学インプラントプログラム 修了

      サイナスリフトオペプログラム 修了

      ノーベル・バイオケア 認定

編集部コメント

今回は妊娠と口内環境の関わりについて
お話しいたしました。

妊婦さんご自身、そして大切な赤ちゃんのためにも
口内環境を清潔に、健康に保つことが大切なんですね。

妊娠中に不安なことがある場合は、まずは
気軽に歯医者さんに相談してみてはいかがでしょうか?

それではまた次回!!
16 件

関連記事