【画像解説】エステティシャンが教える!お顔のリフトアップ体操

【画像解説】エステティシャンが教える!お顔のリフトアップ体操

顔のリフトアップ体操|まずは表情筋を意識する生活習慣

  1. 食事はしっかりとよく噛む
  2. 食事の際、30回は噛んで食べるという言葉を聞いたことありませんか?
    左右バランスよく噛むことで、あご周りの筋肉を鍛えることにつながります。
  3. 表情を意識して会話すること
  4. スマホやパソコンばかりの生活を送っていると、人と会話する機会が減ってしまいます。
    表情に意識してよく笑い、よく会話をして、口角を引き締めた表情を作ることも表情筋だけでなくコミュニケーション力にもつながります。
  5. お風呂でリラックス
  6. お風呂は1日の疲れをリセットする絶好の場所。首や肩のストレッチをしたり、頭皮のマッサージを行うのも表情筋の緊張状態を和らげます。

顔のリフトアップ体操|その1

やり方

  • その1:舌を思いっきり出し、真上に向かって持ち上げ、左右の口角に向かって動かします。往復10回行いましょう。
  • その2:口を閉じた状態で歯の周りをぐるっとなぞるように左から右回りを約20回行います。同じように右から左回りも約20回行いましょう。
  • その3:口を思いっきり開け口角を上げ、「アー」の表情を約20秒キープしましょう。
  • その4:「イー」の表情のまま口角を上げ、あご先〜耳の下、あご〜噛み合わせに向かって挟むように持ち上げます。
リフトアップ顔体操のやり始めの頃はお顔が痛い、疲れるなどがあると思いますが、普段表情筋をしっかりと使っていない証拠でもあります。

入浴中やテレビを見ながらでもできるので、ぜひ取り入れてみてください。


顔のリフトアップ体操|その2

上顎骨という上顎の骨をあげる体操です。

この上顎骨は、年を重ねるごとに重力で下がっていきます。
上顎骨が下がると顔全体が下がってしまうので、垂れた印象を与えてしまいます。

ですので、上顎骨を上げてリフトアップしましょう。

やり方

  1. まずは上顎に舌を当て、口の中の広さを確認します。
  2. 上顎の高さの状態を舌で感じましょう。
  3. そして、両親指を口の中に入れて、親指の腹を使って上顎骨をグッと押し上げましょう。
  4. このとき、親指の力だけで上げるのではなく、頭を前に倒して頭の力も使いながら上顎骨を上げていきましょう。
  5. 親指で上顎骨をグッと10秒間押し上げたら、ゆっくりと親指を離しましょう。
  6. この動作を3セット行ってみて下さい。

まとめ

リフトアップする顔の体操とリフトアップできる生活習慣をご紹介しましたが、いかがでしょうか?

表情筋を使うことはシワやたるみの原因になると思っている人も中にはいます。

しかし、表情筋を使わなければ筋肉量が減ってしまうためたるみの原因になってしまいます。
常に表情筋を使うことを意識するだけでもリフトアップ効果がありますよ。

プラスで、リフトアップ体操を行うとより効果的です。
たるみ解消マッサージやリフトアップ方法など「たるみ」に関する記事が集まったページはこちら▼
たるみとサヨナラしたい
11 件

関連記事