顔のリフトアップ!まずは『目元のたるみ』から解消しましょう。

顔のリフトアップ!まずは『目元のたるみ』から解消しましょう。

INDEX

目元のリフトアップ|目元が垂れてしまう原因は?

リフトアップ 顔 目元
目元のリフトアップ方法について知る前に、目元が垂れてしまう原因について確認しておきましょう。

目元の皮膚は非常にデリケートで、皮膚が薄く皮脂腺(皮膚内部の小さい綿)も少ない部位です。
加齢によってコラーゲンとエラスチンが少なくなるとハリがなくなり、弾力が失われていきます。

更に眼輪筋(目のまわりの筋肉)が衰えることで、ハリが失われた皮膚は重力に逆うことができずに、下へ下へと下がっていきます。

これが目元のたるみになってしまうのです。

顔の目元をリフトアップするには、まず衰えた筋肉を鍛えることから始めましょう。

目元のリフトアップ|眼輪筋を鍛えるリフトアップ運動

テレビやパソコン、スマートフォンを見ている時間が長いという方は、顔にある「眼輪筋」があまり使われずに衰えがちです。

眼輪筋は目を閉じるときに使われる筋肉ですが、テレビやパソコン、スマートフォンの画面を眺めているとまばたきの数がどうしても減ってしまいます。

運動で眼輪筋を鍛えて、顔の目元をリフトアップしていきましょう。

初めはあまり効果が感じられないかもしれませんが、運動は短期間だけでなく、長期的に続けることが大切です。
効果が実感できるまで、諦めずに地道に続けるようにしましょう。

また、眼輪筋を鍛えることで黒グマやドライアイの改善、目の周りのむくみの改善も期待できますよ!

眼輪筋を鍛える運動1

  1. 目を軽く閉じてください。
  2. そこからさらにゆっくり、ギューっと目を閉じます。5秒間キープしてください。
  3. 少しずつ目の力を抜いていきます。そこから目をパッと開いてください。
  4. その状態で5秒間キープしましょう。

眼輪筋を鍛える運動2

  1. 目を大きく目開きます。
  2. 瞳をグルグル回して、八の字を5回描きます。
  3. 少しずつ目の力を抜いていきます。そこから目をパッと開いてください。
  4. 反対方向も同じように行います。

眼輪筋を鍛える運動3

  1. 人差し指を立て、爪を見ます。
  2. 人差し指を自分の目の前まで近づけます。
  3. そのまま腕を伸ばして目から遠ざけます。
  4. ゆっくり繰り返します。常にピントが合うようにしましょう。

眼輪筋を鍛える運動4

  1. 人差し指で目尻を軽く外側に引っ張ります。
  2. その状態で目をギュッと閉じてください。
  3. 次に人差し指で目尻のやや上を押さえます。
  4. 外側に引っ張った状態で目をギュッと閉じてください。
  5. それぞれ5秒、左右交互に3回行います。

目元のリフトアップ|ツボ押しマッサージ

目元のたるみに効くツボを押すことで、顔の目元のリフトアップが期待できます。
道具を使わずにできる方法なので、時間や場所を選ばず気軽に行うことができます。
顔の眼輪筋を鍛える運動と併せて行うとより効果的です。

魚腰(ぎょよう)を押す

目元のたるみやシワに効果があり、それ以外にも眼精疲労や老眼、乱視を改善する効果があります。
  1. 眉の中央下にある魚腰(ぎょよう)に親指の腹を当てましょう。
  2. 心地良い強さで軽く押さえます。
  3. 20回程度もみます。眉を押し上げるようにするのがポイント。

瞳子髎(どうしりょう)を押す

目のかすみやまぶたの痙攣、目の充血を改善する効果もあります。
  1. 目尻から1cm程度外側のくぼみに人差し指の腹を当てます。
  2. 心地良い強さで軽く押さえます。

承泣(しょうきゅう)を押す

白内障や緑内障の改善、近視の視力回復等の効果もあります。
  1. 目を閉じて、目の下の骨の上に人差し指、中指、薬指を当てます。
  2. 中指で押し上げるように指圧しましょう。(目の方向に力をかけないように注意)

目元のリフトアップ|グッズを使ったリフトアップ方法

「グッズと使って目元のリフトアップがしたい!」という方のために、販売されている目元のリフトアップグッズについてご紹介します。

リフトアップ・テープ

こんな方におすすめ!
  • フェイスライン全体をリフトアップしたい!
  • 今すぐ目元をリフトアップしたい!
たるんだ皮膚を引っ張り上げて固定するテープ。

目元だけでなく頬も一緒にリフトアップすることができるので、小顔効果が期待できます。
目立ちにくい透明なテープなので貼ったまま外出することができ、一時的ではありますが簡単に効果を出すことができます。

まとめ

顔の目元が垂れてくる原因とリフトアップの方法についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

  • 目元のたるみは加齢による肌のハリの喪失、眼輪筋の衰えが原因で発生する。
  • 顔の目元をリフトアップするには、眼輪筋を鍛える運動が有効。
  • 運動と併せて、目元のたるみに効くツボを押すとより効果的。
  • 今すぐ目元をリフトアップしたい場合は、一時的ではあるけれどリフトアップ・テープを使うのも手。

ご紹介した方法で若々しいリフトアップされたたるみのない目元を手に入れましょう!
たるみ解消マッサージやリフトアップ方法など「たるみ」に関する記事が集まったページはこちら▼
たるみとサヨナラしたい
18 件

関連記事