今すぐ解決!目の下のたるみは何が原因?

今すぐ解決!目の下のたるみは何が原因?

目の下のたるみは20代から悩む人も多い

元々目の下にクマが出来やすいタイプだったけれど、気がつけばクマと共に目の下のたるみが目立つようになってきた・・・。

そんなふうに感じている人はいませんか?

若い頃から目の下にトラブルを抱えがちな方は、特に気になるタルミ。
30代を迎えるあたりから少しずつ症状が出始め、早い方は20代でも症状が深刻化する方もいます。

せっかく肌が綺麗で若々しくても、目元のだらんとしてしまうと一気に老けて見えますよね。

触るともっと酷くなりそうだし、どうしていいかわからない・・・

今回は何故目元にたるみが出てしまうのか。
原因を紹介したいと思います。

目の下のたるみの原因1つ目|加齢

目の下 たるみ 原因
肌を作る三大栄養素、コラーゲンエラスチンヒアルロン酸

コラーゲンはハリ、エラスチンは弾力、ヒアルロン酸は潤いを与えてくれます。

この3つがお肌の真皮層にしっかり蓄えられていれば、お肌はいつまでも若々しくプルプルですが、これらの栄養素は加齢と共に減少していきます。

美容の話の中でよく耳にする「お肌の曲がり角」。
早い方は20歳から感じる方もいますが、女性は7の倍数の歳で特に不調を感じやすいと言われています。

20代であれば28歳、30代であれば35歳、このあたりが年代別のお肌の曲がり角です。
20代では体調が悪い時や、寝不足の時、一時的にクマと共にたるみが出てしまったり、涙袋が大きな人は、涙袋自体がたるんでみえる時があります。

30代になると、目の下のたるみは一時的なものではなく、慢性化するようになってきます。

目の下のたるみは、年齢による、三大栄養素の減少が原因の1つです。

コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸、それぞれ減少のスピードは違いますが、3つとも体内で生成されなくなり減少していきます。

ですが、外部から取り入れて補う事は可能です。
食べ物から摂取したり、エステや美容外科で栄養成分を導入する事で、気になる老化現象を阻止していきましょう。

目の下のたるみの原因2つ目|筋力の低下によるたるみ

目の下のたるみの原因 筋力
目の下のたるみが気になる方の考えられる2つ目の原因は、「眼輪筋の筋力」の低下です。

目の周りをドーナツ状に覆う眼輪筋。

眼輪筋の筋力が低下すると目の周りの脂肪が徐々に下垂してきて目の下にたまりだします。
眼球と下垂した脂肪の間に溝ができる為、その溝の部分にシワや影、クマになり、たるみだけではなく更に目の下の印象を老けさせてしまいます。

また、眼輪筋だけでなく顔の筋力が全体的に落ちてくる事で、たるみは更に酷くなってしまうのです。

目の下のたるみが気になる前に、出る症状としてまぶたの重みがあります。

「昔よりもむくみとまぶたが重くなるようになった」「目が小さくなった」
というような方は、目の周りの筋力が低下しているサインです。

少しでも目の下のたるみが気になりだしたら、すぐに眼輪筋を鍛えるトレーニングや、顔の筋肉を鍛える顔ヨガなどのエクササイズを行いましょう。

また、顔の筋肉は頭皮とも繋がっているので、頭皮がたるむと目元もたるみだします。
夜、お風呂で髪の毛を洗う時は、しっかり頭皮のマッサージを行い血行を促進させましょう。

まとめ

目の下のたるみの原因についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

早い人は20代で目の下のたるみに悩み始める人もいます。
目の下のたるみの解決策は、日頃からの目元ケアです。
目元を優しくマッサージしたり、目元を温めてあげて、目の下のたるみを改善していきましょう

たるみ解消マッサージやリフトアップ方法など「たるみ」に関する記事が集まったページはこちら▼
たるみとサヨナラしたい
10 件

関連記事