目の下のクマを解消したい‥クマの種類別で原因と解消法をご紹介!

目の下のクマを解消したい‥クマの種類別で原因と解消法をご紹介!

目の下のクマを解消|クマの種類と原因

クマができるワケ
クマと言えば睡眠不足を思い浮かべる方も多いのではないかと思います。

確かに睡眠不足もクマができる原因の一つです。

しかしクマには3つの種類があり、その種類によって原因も解消の仕方も変わっていきます。
クマの解消の仕方を知る前に、クマの種類とできてしまうワケを確認していきましょう。

クマの種類

  • 茶グマ
  • 肌が色素沈着を起こすことでできるクマ。
    色素沈着を起こしてしまう原因には、紫外線・乾燥・ドライアイ・間違ったクレンジング方法等があります。
    目の周りの皮膚は他の部位よりも乾燥しやすく、神経も敏感になっています。

    また、メラニンを作り出す「メラノサイト」という細胞が活発に働いている場所でもあります。クレンジングで目の周りを擦り過ぎたり、紫外線の刺激等をきっかけにメラニンが放出されて肌に茶色い色がついてしまうのです。
  • 黒グマ
  • 別名、影クマとも呼ばれます。
    加齢によって目の周辺にある皮膚がハリを失い、たるむことで暗い影ができるのが原因です。

    重力に逆らえなくなったまぶたの下の皮膚が薄くなることで、たるみが生まれます。
    茶グマや青グマのようにお顔自体に色がつくわけではありません。
  • 青グマ
  • 血行が悪くなることでできるクマ。
    寝不足や疲労、ストレス等が理由で発生しやすくなります。
    血流が悪化して血液中の酸素量を減ることで、皮膚が薄い目の下の部分が青く見えてしまいます。

目の下のクマを解消|クマの種類を判別するには?

クマの種類とクマができる理由について知ったところで、お顔のクマの種類を見分ける方法についてご説明しましょう。

一度発生したクマを綺麗に解消するには、クマの種類に合わせた解消の仕方を行わなければなりません。
手鏡を用意して実際に確認してみてください。

判別の仕方

  • 茶グマの判別の仕方
  • 目の下の皮膚を指で軽く引っ張ってみましょう。色に変わりがない場合、それは茶グマになります。
  • 黒グマの判別の仕方
  • 鏡を見ながら顔を上に向けてみましょう。クマの色が薄まっていたら、それは黒グマになります。
  • 青グマの判別の仕方
  • 目の下の皮膚を指で軽く引っ張ってみましょう。クマの色が薄くなったら、それは青グマになります。

目の下のクマを解消|種類別でクマの解消方法を解説

クマの解消の仕方
クマのタイプが分かったところで、茶グマ・黒グマ・青グマの解消の仕方をご説明します。

茶グマの解消法

茶グマを綺麗にするには、美白効果の高いスキンケア用品を使て原因である色素沈着を取り除く必要があります。普段のスキンケアを見直して改善に取り組みましょう。

日焼け止め等の紫外線対策もしっかり行います。
また目元への刺激や摩擦を防ぐために、アイメイクを落とすときはアイメイク用のクレンジングを使用してください。

青グマの解消の仕方

青グマを綺麗にするには、血の巡りを促進して原因になっている血流の悪さを取り除く必要があります。

温かいタオルと冷たいタオルを使って血の流れを良くする。
  1. 温かいタオル2本、冷たいタオル1本を用意します。
  2. 温かいタオルを首の後ろに1本、目の上にも1本置きます。
  3. そのまま10秒待ちます。
  4. 10秒経ったら目元の温かいタオルを冷たいタオルに交換します。
  5. 10秒程待ちます。
  6. これを2~3回繰り返します。
温かいタオルの作り方はこちらを参考にしてください。
◆タオルの作り方
  1. タオルを水で濡らして硬く絞ります。
  2. 電子レンジで1分から1分半ほど温めます。
  3. 完成です。タオルは適度な大きさに折って使いましょう。
◆血の巡りを改善するマッサージ

目の周辺をマッサージして血流を良くして、青グマの改善を目指します。
  1. 下まぶたの目尻、目頭、上まぶたの目尻までを、薬指で順番にマッサージしていきます。
  2. 2~3周行いましょう。

黒グマの解消方法

黒グマを綺麗にするには、目の周辺を鍛えて原因になっているたるみを取り除く必要があります。
目の周辺にある眼輪筋を以下のような運動で鍛えましょう。

  1. 目を軽く閉じてください。
  2. そこからさらにゆっくり、ギューっと目を閉じます。5秒間キープしてください。
  3. 少しづつ目の力を抜いていきます。そこから目をパッと開いてください。
  4. その状態で5秒間キープしましょう。

まとめ

クマができる理由と解消方法をご説明しましたが、いかがだったでしょうか。
  • 茶グマは美白効果の高いアイテムでスキンケアを行う等、色素沈着を消すやり方で改善。
  • 黒グマは眼輪筋を鍛えてたるみを解消する。
  • 青グマは目の周辺をマッサージする等、血行を促進させる。

顔のクマがどのタイプなのかきちんと把握して、クマの無いお顔を目指しましょう!
しわやたるみ、メイク方法など「顔」に関する記事が集まったページはこちら▼
キレイな顔になりたい
12 件

関連記事