小鼻の黒ずみ徹底調査!取り方と原因まとめてみました。

小鼻の黒ずみ徹底調査!取り方と原因まとめてみました。

小鼻の黒ずみの取り方の前に、黒ずむ原因をご紹介!

小鼻の黒ずみの取り方
小鼻の黒ずみの取り方をご紹介する前に、まずは小鼻が黒ずむ原因をご紹介します。
あなたの黒ずみ原因を理解し、正しいケアで黒ずみをなくしていきましょう!

小鼻の黒ずみの原因1|角栓のつまり

小鼻の黒ずみの原因1つ目は、角栓のつまりです。
角栓は、鼻などにつまった古い角質や皮脂が混ざってできたもの。
この角栓が毛穴につまったままの状態で酸化してしまうで小鼻の黒ずみに変化してしまうのです!
メイクの汚れなどをしっかりと洗い流さないと、古い角質が残ってしまい黒ずみになる恐れがあります。
鼻を触ってみてざらつくようであれば、角栓のつまりが原因かもしれません。

小鼻の黒ずみの原因2|産毛

小鼻の黒ずみの原因2つ目は、産毛です。 鏡でよーく見てみると、毛穴の中心から産毛が生えていませんか?
角栓のつまりや汚れではなく、鼻に生えている産毛が原因で黒ずんでいる可能性もあります。
なぜ産毛で黒ずんで見えるのかと言いますと、皮膚に埋まっている毛が透けていたり、毛穴の黒い点が見えていることで黒ずんで見えるのです。
こういった人は、ざらつきがあるものの汚れや角栓で黒ずみになっているわけではないので、産毛の処理を行うと黒ずみが解消するかもしれません。

小鼻の黒ずみの原因3|メラニン

小鼻の黒ずみの原因3つ目は、メラニンです。
ざらつきもないし産毛もないけど黒ずみがあるという方は、メラニンによって黒ずんでいる可能性があります。
メラニンはシミの原因となる色素で知られていますが、このメラニンは紫外線や摩擦などで生まれるものです。
紫外線対策を怠ったり、マスクの毎日着用したり肌に摩擦を与える行為は黒ずみが発生する恐れがあります。


小鼻の黒ずみの取り方をご紹介!

小鼻の黒ずみの取り方をご紹介!
次は小鼻の黒ずみの取り方をご紹介します!
ご紹介する取り方は個人差がありますので、必ずキレイになるものではありません。
自分に合ったものを探してみてくださいね。

ワセリンを使った小鼻の黒ずみの取り方

知っている人もいるかもしれませんが、ワセリンを使った小鼻の黒ずみを取る方法が効果があると言われています。
すごく簡単な方法ですので、一度チャレンジしてみては?
さっそく取り方をご紹介しましょう。
  1. まずは毛穴を開かせます。
    温めたタオルを顔に数分置いたり、面倒な人は湯船に浸かりながら毛穴を開きましょう。
  2. 毛穴を開かせたら、タオルで水気を取り、小指の第一関節の半分くらいの量のワセリンを取り、ワセリンを鼻に塗ります。
  3. ワセリンを鼻に塗ったら、3分ほどそのまま放置します。
  4. 3分経ったら、鼻の汚れを落とすイメージでクルクルと優しく回してみましょう。
  5. よく洗い流して終わりです。

綿棒とオイルを使った小鼻の黒ずみの取り方


次は、綿棒とオイルを使った小鼻の黒ずみの取り方をご紹介します。
使うオイルは、ホホバオイルやベビーオイル、オリーブオイルなどの低刺激・無添加なものがおすすめです。
  1. まずは洗顔をしてメイクや汚れを落とします。
  2. メイクや汚れを落としたら、化粧水や保湿液で肌のキメを整えます。
  3. 肌を整えたら、綿棒にたっぷりオイルを染み込ませましょう。
  4. オイルを染み込ませたら、鼻の黒ずみの部分にクルクルと回しながらマッサージを行いましょう。
    強くこすると皮膚が傷ついてしまうので、優しく回してあげましょう。
    また、やりすぎも皮膚が傷つくのでほどほどに。
  5. クルクルと回し終わったら、しっかりと洗い流しましょう。


まとめ

小鼻の黒ずみの取り方と、小鼻が黒ずむ原因をご紹介しましたがいかがでしょうか?

今回ご紹介した取り方は、1度行っただけでは黒ずみを消すことができません。
2回、3回と繰り返していくことで、小鼻の黒ずみを取ることができます。

日頃のケアをしっかり行い、黒ずみゼロのキレイな小鼻を目指しましょう!
しみ、しわ、ニキビ、毛穴、ほうれい線など「美肌」に関する記事が集まったページはこちら▼
もっと美肌になりたい
9 件

関連記事