洗顔方法を変えて美肌に!あなたの洗顔の仕方は大丈夫?

洗顔方法を変えて美肌に!あなたの洗顔の仕方は大丈夫?

こんな洗顔方法を行っていませんか?

洗顔方法 美肌
正しいと思い、ずっと続けていた洗顔方法・・・。 

しかし、もしかしたらその洗顔方法、お肌に悪いかもしれませんよ?
あなたは洗顔のときこういったことをしていませんか?

  • 熱いお湯・冷たい水で洗顔をしている
  • ゴシゴシと肌を擦るように洗顔をしている
  • 粗い泡で洗顔をしている
  • 長い時間をかけて洗顔をしている
  • 洗顔後、タオルでゴシゴシ拭く
  • 肌が荒れたときこそ、しっかりと洗顔をしている

皆さんは、この中で当てはまるものはありましたか?
もしも、1つでも当てはまる人は洗顔方法の見直しを行いましょう。

あなたの肌荒れが改善するかもしれません。
正しい、肌に負担のない洗顔方法をこれからご紹介します。

洗顔方法を変えて美肌になろう!正しい洗顔の仕方とは…

正しい洗顔方法を行って美肌に!
一度、洗顔方法の見直しをしてみてください。

  • きめ細かい泡で洗顔をすること
  • 泡立てて洗顔をする女子は多いはず。
    ですが、あなたが作った泡はきめ細かい泡ですか?
    粗い泡での洗顔はしっかりと汚れを落とすことができないので、汚れが肌に残ったままに。
    一方、きめ細かい泡で洗顔をすると肌にしっかり密着し、毛穴に浸透して汚れを浮き上がらせる効果があります。

    きめ細かい泡を作るには、手の平をボウルにし、水を少しずつ混ぜながら泡立てるときめ細かい泡が出来上がります。
    時間がかかる作業ではありますが、美肌のためにはぜひ実践してみてください。また、泡立てネットを使うと泡が粗い場合があるので、手で作ることをおすすめします。
  • 手は肌に触れず、泡を乗せるように洗顔をする
  • 汚れをしっかり落とそうとしてゴシゴシ洗顔をしていませんか?
    ゴシゴシ洗顔は、摩擦が生じて肌に刺激を与えてしまいます。
    刺激を与えないためには、手と肌をできるだけ触れないことです。
    きめ細かい泡を、顔に乗せるだけにしてみましょう。
    しっかり汚れが落ちていないように感じますが、これだけでも汚れが浮き上がってくるのです。
    また、テカリやすいTゾーン部分はクルクルと撫でるようにするだけ。
    顔の皮膚はとても敏感ですので、優しく洗顔してくださいね。
  • ぬるま湯で洗顔をする
  • 冷水で洗顔したり、熱いお湯で洗顔していたりしませんか?
    さきほども書いた通り、皮膚はとても敏感で刺激に弱いものです。
    あまりにも冷たい水や熱いお湯で洗顔をすると、肌に刺激を与えてしまいます。

    ベストはぬるま湯です。
    少し冷たいと感じるくらいの温度の水で洗顔をすると、肌への負担が少なくなります。
    また、すすぎのときも肌と手は触れないようにしましょう。
    20回ほど、水を肌にパシャパシャとすすぐのがポイントです。
  • 洗顔はなるべく時間をかけないこと
  • 汚れをしっかりと落とそうとして、洗顔に時間をかけていませんか?
    実は、洗顔料は皮脂を落とすので、肌に必要な皮脂まで落としてしまう可能性があります。
    泡が肌に残っている際も、肌に刺激が受けている状態となっているのです。
    ですので、洗顔は30秒~40秒ほどで済ませるようにしましょう。
  • 清潔なタオルで、肌に刺激を与えずに水気を取る
  • すすぎが終わったら、タオルで水気を取ります。

    取る際に、タオルでゴシゴシと拭いていませんか?
    または、3日間同じタオルで拭いていませんか?

    よくありがちなこの2つは、肌にあまり良くないのでやめましょう。

    タオルでゴシゴシと拭く行為は、摩擦が生じて肌に刺激を与えてしまいますし、
    一度使ったタオルは菌が繁殖していることが多いので、雑菌が顔についてしまう恐れがあります。
    必ず、清潔なタオルを使い、タオルに顔を優しく当てるような感じで水気を取るようにしましょう。

まとめ

美肌に近づく正しい洗顔方法をご紹介しましたが、いかがでしょうか?
肌は自分が思っているよりもずっと刺激に弱いものです。
洗顔の仕方が荒いと、肌に負担がかかり肌トラブルの原因となります。
自分の洗顔方法を見直して、正しい洗顔方法で美肌へと生まれ変わりましょう!

しみ、しわ、ニキビ、毛穴、ほうれい線など「美肌」に関する記事が集まったページはこちら▼
もっと美肌になる
7 件

関連記事