これからの乾燥にも無敵!高機能で高保湿なワセリンクリーム

これからの乾燥にも無敵!高機能で高保湿なワセリンクリーム
これからの季節はしっかりした保湿ケアを行い、肌の潤いを保ち乾燥知らずのお肌にしたいたい!!「保湿はワセリン!」とよく耳にしますが、ワセリンの正しい効果は知っていますか?今回はワセリンについての知識・オススメの保湿クリームのご紹介をしていきます。
目次

INDEX

知ってるようで知らないワセリンの効果とは?

ワセリン(白色ワセリン)は原料の石油を精製し、不純物を取り除き純度を高めた軟膏状の物質です。

ワセリンには、皮膚に塗布すると表面にパラフィンの膜を張り、

皮膚の一番外側(角質層)の水分蒸発を防ぐことで、皮膚の乾燥を抑える効果に加

え、外的刺激から皮膚を保護する
という働きがあります。

ワセリンの原料は石油?お肌に悪い?

原料が石油であるため、お肌に悪いというイメージがあるかもしれません。

昔、精製技術が発達していなかったころ、石油由来の化粧品で

トラブルを起こしてしまう人が続出したのがきっかけで、

悪いイメージが定着してしまいました。

現在は精製技術が発展し、自然素材よりもアレルギーを

起こしにくく腐る心配もないことから、安全性の高い素材として

皮膚科で処方される保湿剤の軟膏のベースにもなっています。

ワセリンのメリット

医療現場では昔から多く使用されていて、パッチテスト(皮膚アレルギー試験)の

比較コントロールの基準としても使用されているため、

医学的にも安全性が裏付けされている成分ということです。

すべての人にアレルギー反応が出にくい

「安心・安全な皮膚保護剤」で、医薬品
としても取り扱われています。

ワセリンのデメリット

そんな医学的に安心安全な成分のワセリンですが、

原料が油であるために、塗るとベタベタする、洋服が油で汚れる、油膜なので

皮膚に浸透しづらい、伸びにくいから擦ってしまうと使用する部位が限られる、

暴れる子供にしっかりと塗布してあげることができないという難点がありました。

皮膚科のドクターが開発したワセリンクリーム

ワセリンの安心安全な成分というメリットを活かし、伸びを良くしてデメリットを解消。


安全性・機能性ともに兼ね備えたワセリンクリームがこちらの商品。

ワセリンクリームは、特許を取得した三相乳化法という技術を使用しています。

化粧品・日用品に欠かせない界面活性剤を使用せずに水と油脂を安定させ、

ワセリンのデメリットである「ベタベタする・伸びにくい・洋服が汚れる」といった欠点を解消。

お肌に浸透しやすい伸びやすいクリーム状に転化することができました。

また、特許技術の三相乳化法を使用することにより、

皮膚保護作用に保水効果が加わることにより、プラスαの保湿効果。

ドクターボーテム ワセリンクリーム
via ドクターボーテムワセリンクリーム セット

編集部のコメント

サラッとしたテクスチャーはお肌にスッと優しく保湿ができ、肌に馴染みやすく浸透する新感覚のワセリンです。

肌の未熟な赤ちゃんから使用できる、家族みんなのあんしんスキンクリームです。

このワセリンクリームができるまでの開発秘話はまた後日。
17 件

関連記事