着圧ソックス主要ブランドを比較!それぞれのメリット・デメリットとは?

着圧ソックス主要ブランドを比較!それぞれのメリット・デメリットとは?

「着圧ソックス」を使用している方はご存知かと思いますが、

着圧ソックスの役割は、足首から太ももまで圧力を徐々にかけていき、

下に溜まった血液を心臓に戻しやすくし、血行を促進して足のむくみを改善へと導くことです。

この効果が、足にすっきりとした印象を与え、痩せて見えることにつながります。


それでは、各メーカーで出している製品についてそれぞれの良さを比較していきたいと思います。

INDEX

寝ながらメディキュット

メディキュットと言えば、着圧ソックスで1番の知名度のある有名な製品です。

そのメディキュットの寝る時用の着圧ソックスは、1番人気です。


圧力は、足首から順に21hPa、16hPa、11hPaと段階によりほどよい圧力がかかっており、 9割の方が履き心地がいいと評価しています。

また、横に編み込んだインレイ糸で、圧がかかりながらも、 やわらかい肌さわりで気持ちよく寝ることが出来ます。

メディキュットは、英国の医療用ストッキングがツールになっており 、医学に基づいた段階圧力設計となっているので、より足のむくみ改善に効果的です。

サイズは、MとLの2サイズの展開となっております。

以前は、冬も夏も同じ素材しか販売しておりませんでしたが、 現在は、夏用のメッシュ素材が出ているので夏でも涼しく着用できるようになりました。

男性用も発売しており、 ひざ下までのハイソックスの用に見え、 抗菌、防臭加工もしてあるので、仕事中もスーツに合わせやすく履くことが出来ます。

スリムウォーク

スリムウォークはピップから発売されており、 メディカルリンパロング製品は、つらいむくみをすっきり改善し、 一般医療機器(治療として用いられる着圧ソックスで、加圧力が市販よりも高い傾向にあります) となっております。


こちらも足首から18~24hPa、12~18hPa、6~12hPaとなっており、 メディキュット製品より圧がしっかりかかるものとなっています。

ライクラ素材を使用しており、つるつるした伸縮性のある薄めの生地で、 年中使用することが出来き、締め付けが苦しいという感じもなく快適です。

サイズ展開は。S~M、M~Lの2サイズになっております。

また、冬用のふわふわの極上の肌触りになるように仕上げられ、 テイジンの蓄熱繊維であるHEAT ENERGYを使用しているので、 +6度の暖かさを実現している製品もあり、寒い冬などにも最適です。

男性用も発売しており、仕事中も普通の靴下のように履くことが出来き、 スポーツの際にもパフォーマンスのサポートをしてくれます。 また、コットン混素材で抗菌防臭加工もされており、長時間履いていても快適です。
6 件

関連記事