医療用着圧ソックスって効果が高い?市販製品との比較を解説

公開日:2019年04月09日

医療用着圧ソックスって効果が高い?市販製品との比較を解説
脚の疲れやむくみをとる定番アイテムの着圧ソックスですが、 市販で売られている製品の他に医療用の着圧ソックスがあるのをご存知でしょうか。


医療用と市販製品はなにが違うのかというのも気になるところですね。

今回はそんな医療用着圧ソックスについてご紹介します。
目次

INDEX

医療用着圧ソックスとは?

医療用着圧ソックスとは、 実際に医療機関で医療機器として使用されている着圧ソックスのことです。


主に静脈瘤を患っている人や妊婦や産後の人に使用されます。

効能は基本的には市販の着圧ソックスと同様で、 脚を圧迫させることによって静脈の流れを促進したり、血栓予防になり症状を低減させます。

医療用着圧ソックスのおすすめポイント

基本的な効能は市販の着圧ソックスと同様ですが、 やはり医療機関で使用されているということもあり、 医師の診断のもと購入できるため正しいサイズのものが手に入り、 圧力も強いので効果が高いというのが最大のポイントです。
また、着圧が長持ちすることも優れている点と言えます。

医療用着圧ソックスと市販製品の違い

医療用着圧ソックスがどのようなものなのか、メリットなどをご紹介しましたが、では市販の着圧ソックスではどのような違いがあるのでしょうか。ここでは医療用着圧ソックスと市販の着圧ソックスの違いを比較してみましょう。
▶用途
  • 医療用
  • 静脈瘤の予防、妊婦や産後の血栓予防など医療機器として使用されています。

    • 市販品
    • 日常の脚の疲れやむくみを軽減させるために使用されています。



▶購入方法
  • 医療用
  • 基本的には医師の処方箋のもと、購入可能です。

    • 市販品
    • 店舗やネット通販など、どこでも購入可能です。



▶価格
  • 医療用
  • 医療機器として作られているため高いものでは1万円以上のものもあります。

    • 市販品
    • 000円ほどのものが一番多く流通されており、安いものでは100円均一でも購入可能です。



▶特徴
  • 医療用
  • 治療に使われるため、圧力が強く、着圧も長くもちますが、履きにくいこともあります。

    • 市販品
    • 圧力は程よく、履きやすい作りになっていますが、洗濯のたびに着圧は落ちます。

医療用着圧ソックスのデメリット

  1. 購入に医師の処方箋が必要なため、購入に時間が掛かる
  2. 価格が市販品よりは高額である
  3. 圧力が強いため多少履きにくさがある

編集部コメント

今回は、医療用着圧ソックスについて、市販品との比較も含めてご紹介しました。 医療機器ということで効果が高いのが魅力ですが、 その分デメリットもあるので、市販品とどちらがいいかは状況によって見極めが必要ですね。 脚のむくみがひどい方は、医師に相談の上、医療用着圧ソックスを試してみてはいかがでしょうか。
14 件

関連記事