セルライトは自分で落とせる?効果的なのは「温めること」だった!?

セルライトは自分で落とせる?効果的なのは「温めること」だった!?

INDEX

セルライトとは!?

ちょっと皮膚をねじるだけで、 凸凹が浮き上がっていませんか?これが、セルライトなのです!
セルライトは、体内の余分な水分や老廃物が脂肪細胞と絡み合ってできるもので、 放置しておくと血流を悪くし、老廃物や水分の排出を妨げ、 どんどん脂肪細胞が大きくなる原因の一つです。

また、内臓脂肪と違い、皮下脂肪についた脂肪は、 いざという時のエネルギー源として蓄えられているため、 運動や食事のコントロールでは、なかなか落とせません。

セルライトを落とすにはマッサージなど脂肪を揉みほぐすと思われがちですが、 冷たく硬くなった脂肪をマッサージで柔らかくなるのに、とても時間がかかります。

また、間違った知識でマッサージをしてセルライトを取ろうとすると 毛細血管や皮膚組織を傷つけてしまったり、 脂肪細胞を分裂させてしまう危険があります。 そして分裂した脂肪を守ろうとさらにセルライトが作られてしまうという悪循環に。

そこで、自分で効果的にセルライトを落とす方法をご紹介します。

まずはセルライトを「温める」

まずはセルライトが気になる部分を温めましょう。
ホッカイロを貼って温めたり、 ペットボトルの中にお湯を入れて気になるセルライト部分を温めて少しほぐした状態にします。

もしくは、熱すぎないお風呂にじっくり浸かって、 汗が出るくらい温まるのが理想です。

また、茶葉が茶色い発行したお茶や、地中で育ったお茶には体を温める作用があります。

体を内側から温める飲み物を知って、 食生活の場においても 玉ねぎや唐辛子など血行を良くする食べ物を積極的に日常から取り入れるようにし、 生活習慣を見直すのもセルライト改善の一つです。

次は温めたセルライトをマッサージ!

そしてここからが肝心です!
温めたセルライトをそのまま放置せず、 柔らかくなった脂肪をリンパマッサージで流していきます。

リンパや血管の流れにのって蓄積された老廃物を体外へ排出する道筋をつけること。 これが、セルライトを無くすためのコツです。

マッサージだけでも、温めるだけでもなく、 しっかり外側からも内側からも温めてから、 血行を良くし、マッサージで巡回させ効果的に排出させましょう。

この流れを決めて毎日コツコツと取り組むことが大切です。
9 件

関連記事