セルライト除去★完全ガイド|エステ・セルフケア・食べ物まで全解説

セルライト除去★完全ガイド|エステ・セルフケア・食べ物まで全解説

INDEX

女の大敵『セルライト』とは?

女の大敵『セルライト』とは?

女性の大敵、セルライト。
まずはセルライトについて詳しく学びましょう。

そもそも『セルライト』って何なの?

セルライトの正体は、ずばり脂肪老廃物の固まりです。

セルライトは血行不良によって老廃物が身体に蓄積され、脂肪と合体し肥大化し、 肥大化が進むと、キレイな皮膚の表面がオレンジの皮のようにボコボコとした状態に変わることから、別名「オレンジピールスキン」とも呼ばれています。

また、一度セルライトが出来てしまうと、リンパや血管を圧迫し血行不良が引き起こされるため、全身の血液循環が悪くなり、よりセルライトが出来やすく除去しづらい身体になってしまうので注意が必要です。

セルライトの『種類』

実は、セルライトは4つの種類に分類されます。

  • 脂肪型セルライト
  • 一般的にセルライトと呼ばれているものが、この脂肪型セルライト。
    若い人にも出来やすく、4つの種類の中で比較的除去しやすいセルライトです。

    油断してそのまま放置してしまうと肥大化してしまうので、手遅れにならないうちからケアをすることが大切!
    お肉をつまんだり絞るとボコボコしているのが特徴です。

  • むくみ型セルライト
  • その名の通り、むくみや冷え性によって出来るセルライト。
    余分な水分や老廃物が溜まりリンパ液の循環が悪くなることで、引き起こります。

    冷え性の人やむくみやすい体質の人が出来やすいですが、冷え・むくみの改善を行うことで除去できる可能性も。
    冷えやすいふくらはぎに出来やすいです。

  • 繊維型セルライト
  • お肉をつまんだり絞らずとも、皮膚の表面がボコボコとしている状態を繊維型セルライトと言います。

    繊維型セルライトは、セルライトの肥大化が進行し時間が経っている状態なのでセルフケアだけでは消すことができないので、エステサロンや美容外科で除去してもらう必要があります。

    見た目だけで皮膚がボコボコした状態が特徴です。

  • 筋肉質型セルライト
  • 稀なタイプではありますが、一番厄介なセルライトと言われているのが筋肉質型セルライト。
    以前、激しい運動を行っていた人に多い種類のセルライトです。

    急に運動を辞め、運動不足になることにより筋肉が脂肪へと変化し、それがセルライトに変わってしまいます。
    筋肉と脂肪がしっかりとついている状態のため、4つの種類のセルライトの中でも最も除去することが難しいセルライトです。

セルライトができてしまう『原因』

セルライトが出来てしまうほとんどの原因が、生活習慣にあります。

  • 運動不足
  • 当然、運動不足の人は脂肪が増えますからセルライトが出来る可能性が高まります。

    また、運動には血流促進効果もあるので、運動不足だとむくみやすくもなります。
    筋肉量がある程度保ち筋肉を使わなければ、新陳代謝は悪くなり、脂肪が溜まりやすくなるのでセルライトが出来やすい体質に変わってしまうのです。

  • バランスの悪い食事
  • 糖分や脂肪が多い食生活をしていると、多くの脂肪を体の中に取り込むのでセルライトの原因になります。

    多くの添加物が含まれる食べ物は、脂肪が溜まりやすく、太りやすい体質になりやすいです。
    脂肪が溜まると血液の流れは悪くなるため、脂肪の摂り過ぎには注意しましょう。

  • ストレスを溜め込む
  • ストレス発散されずに溜まったままになると、ノルアドレナリンやアドレナリンというホルモンが分泌し、血管が縮んでしまうので血液の流れが悪くなってしまう可能性があります。

    ストレスが発散されないと、体内ではストレスに対応するために栄養素が多く使われ、神経系やホルモン分泌などにも影響が出てきます。

    その結果、セルライトができてしまうのです。

  • 冷え
  • セルライトがつきやすい二の腕、お腹、お尻、太もも、ふくらはぎは皮膚の温度が低く冷えやすい部位。

    冷えるとリンパ管や血流が悪くなり、老廃物や余分な水分をスムーズに排出することができなくなります。

    スムーズに排出できない老廃物や余分な水分が溜まることによりむくみに繋がり、悪化するとセルライトになってしまうのです。

セルライトが『できやすい人』の特徴

セルライトができやすい人の特徴というものがあるので、ご紹介します。

あなたも心当たりはありませんか?

  • マッサージを一切しない人
  • マッサージはむくみを解消してくれるセルフケアの1つ。

    むくみはセルライトの大きな原因の1つなので、むくみを放っておくのはもってのほか!
    日頃からマッサージを行うことで、セルライトを改善・予防することができます。

  • 糖分や塩分をよく摂取している人
  • 味の濃いものや、甘いスイーツが大好きな人はセルライトがつきやすい人の特徴。

    糖分、塩分が多い食事は皮下脂肪がつきやすくセルライトの要因となってしまいます。

    もちろん、糖分も塩分も身体に必要な栄養素なので「絶対に食べてはいけない!」ということではありません。
    適切な量を守ることが、セルライトの改善・予防に繋がります。

  • ストレスを溜め込みやすい人
  • 先ほどもご紹介した通り、ストレスはセルライトに大きく関係しています。

    ストレス発散できていない人、ストレスを抱え込みやすい人は、セルライトができやすいだけではなく身体にも悪影響が及ぶ可能性が。
    ストレスを溜めずに、定期的にストレス発散することを意識しましょう。

  • 長時間、同じ姿勢でいる人
  • イスに座っている時間が多いデスクワークの人に多く見られますが、長時間同じ姿勢でいる人は要注意です。

    同じ姿勢を長時間続けていると、血液やリンパの流れが悪くなるとむくんでしまいます。
    このむくみをそのままにしてしまうことで、セルライトへと変わってしまうのです・・・。

    仕事の途中でも、軽いマッサージやストレッチをすることで血液やリンパの流れが良くなりますよ。

セルライトを除去する方法|確かな効果は『エステ』で実感

セルライトを除去する方法|確かな効果は『エステ』で実感

セルライトに効く『エステ機器&施術』

セルライトを除去していくにあたって、間違いないのはやっぱり「エステ」です。

エステサロンには、セルライト除去の専用機器や経験豊富なプロのエステティシャンがいますが、
セルライト除去の専用機器と言ってもたくさんの種類がありますので、セルライト除去におすすめの機器&施術をご紹介します。

今すぐにでもセルライトを除去したい人は、エステサロンに通ってみてはいかがでしょうか?

セルライトケアに最適な『吸引マシン』

エステにおいて、王道の機器と言えば「吸引マシン」です。

どんな機器かというと、身体についた無駄な脂肪やセルライトを、掃除機の様なもので吸引しながら揉みほぐしてくれるもの。

血流やリンパの滞りを良くしながら固くなった脂肪を柔らかくするので、皮膚表面に出てきた凸凹のセルライトがなくなり、なめらかで綺麗な肌とラインになります。

吸引の跡が残ってしまうのでは?と心配な方もいるかと思いますが、大丈夫です。

事前にローションのようなものを塗布し、滑らせながら吸引していくので、同じところをずっと吸引する訳ではありません。
跡なども残らないので、むくみセルライトが気になる方には最適なマシンです。

またハンドマッサージでは技術の差が出やすいところが、マシンを使うことでレベルも調節でき、均等な強さでケアを行う事ができますよ。

この吸引マシン、エステサロンごとに呼び名が異なりますが、 代表的な呼び名は、セルライトバーン、スーパーセルライト、セルライトバスター、スーパーセルムなどがあげられます。

一度でも実感は出来ますが、より綺麗なラインを作るためには定期的に通うのがオススメです。

脂肪分解に効果あり『キャビテーション』

脚やせなどの痩身に力を入れているエステサロンの多くが導入している「キャビテーション」。

日本では2013年頃から導入され一躍ブームになったマシンです。
今もまだ人気は衰えず、施術を受けたユーザー評価が高いのも特徴ですね。

キャビテーションとは、脂肪細胞に超音波を当てることで脂肪を溶かしつつ、超音波の圧力で細胞内の気泡がはじけることで、脂肪細胞を壊す効果をもたらすもの。

体感自体は痛みなどもなく、少し温かく感じる程度ですが、セルライトや痩身には効果があります。

ただし、分解された脂肪を排出する作業が必要になるため、キャビテーションの後に吸引マシンやリンパマッサージなど、脂肪を流す施術を受けるのがおすすめです。

施術後はしっかりと水分をとる必要がありますので 常温のお水、お白湯など沢山とって、身体の老廃物をしっかり排出しましょう。

また、キャビテーション後、2週間は痩せやすい状態になっていると言われているので、 適度な運動や、マッサージを行い、普段より食事なども気をつけると、より一層施術の効果が期待できますよ。

痩身最先端マシン『HIFU(ハイフ)』

2017年現在、エステで使われるマシンの中で部分痩せに最も効果があるのでは…といわれているのが「ハイフ」です。

ハイフ(HIFU)の特徴は皮下1.3センチほどの深さにある脂肪細胞にピンポイントに超音波を照射できるということ。

キャビテーションが気泡によって脂肪を壊すのに対して、ハイフは超音波のエネルギーを一点に集中させてその部分の脂肪を分解する機器になります。

特に脂肪に厚みのある部分に効果を発揮するので、お腹痩せ、太ももなどの脚やせに効果があります。

ハイフの良い所は、照射して2週間~4週間かけて継続して痩身効果があるということ。
たるみを引き締める効果もあるのでお尻や、ヒザ周りなど、マッサージでは引き締めが出来ない部分をスッキリとさせてくれる効果もあります。

ヒップアップし、膝周りのお肉がスッキリすると脚も長く見えるので、脂肪燃焼、脚長効果と脚やせにはピッタリなマシンです。

高熱を与えて施術を行う為、少し熱かったりチクチクしたような痛みはありますが、 ハイフを行った後もキャビテーション同様、運動や、マッサージなど代謝を上げるような生活を送り、さらに痩せやすい身体を作りましょう。

セルライトを除去する方法|【部位別】自宅でできるセルフケア

セルライトを除去する方法|【部位別】自宅でできるセルフケア

エステに通いたくても、金銭的・時間的な都合で難しい方も多いかと思います。
そうなると大事になってくるのが「セルフケア」です。

セルライトのセルフケアにも様々な種類がありますが、特に大切なのは、血行促進させ老廃物を流すマッサージです。

マッサージにはリンパ管と血液の流れを良くしてくれる効果があるため、セルライトケアには必要不可欠!

また、実はセルライトを除去するためには「エクササイズ」も必要なことを知っていましたか?

運動は脂肪燃焼に効果がありますし、血行促進し新陳代謝を良くする効果があります。
さらに効果的にセルライトを除去したいなら、エクササイズも取り入れてみましょう。

誰にでも簡単にできるマッサージとエクササイズを部位別にご紹介していきます。

『ふくらはぎ』に効くマッサージとエクササイズ

ふくらはぎは、心臓から遠い位置にあるので、冷えやすく、むくみやすい部位。
冷えやむくみを溜めたままにしてしまうとセルライトの原因となるので、その日のうちにマッサージやエクササイズを行いましょう!

ふくらはぎのツボを刺激するマッサージ

1.【左右3回ずつ】
膝の裏の中央にある「委中」というツボを親指の腹で押します。
息を吐きながら3秒押し、息を吸いながら3秒かけて親指を離してください。

2.【左右3回ずつ】
足首と膝の裏の真ん中にある「承山」というツボを親指の腹で押します。
息を吐きながら3秒押し、息を吸いながら3秒かけて親指を離してください。

3.足首からふくらはぎを心臓に向かってさすっていきます。

【ポイント】
ふくらはぎのセルライトや脂肪が柔らかくなっている入浴後に行うのが効果的です。痛くない程度の力でさするように行いましょう。

テレビを見ながらできるふくらはぎマッサージ

1.まず、床に両脚を伸ばして座ります。
座ったら、片膝を立てて下さい。

2.【片足5回ずつ】
膝を立てた足のくるぶし下にあるくぼみを、親指と人差し指でギュッと押し、そのまま膝裏までスーッとさすり上げましょう。

3.【片足5回ずつ】
さすり終わったら、今度は膝を立てた足のふくらはぎを雑巾絞りのように足首から膝にかけて揉んでいきます。

4.次に両手をグーの形にし、足指の付け根から足首まで5回さすります。
さすり終わったら、次は足首から膝にかけて5回さすりましょう。
ふくらはぎの表面だけではなく、ふくらはぎの裏もしっかりとさすってあげましょう。

5.片脚が終わったら、反対足も同様に行ってくださいね。

踏み台を利用する簡単ふくらはぎエクササイズ

踏み台を上り下りする運動です。ふくらはぎを動かして筋肉を鍛えることで、代謝をアップさせます。

踏み台の高さは5~10cm程がおすすめ。
家の段差を利用するのもいいですが、雑誌をヒモやガムテープで固定すれば、簡単に踏み台を作ることができますよ。

1.右足から踏み台に上ります。

2.左足も踏み台に乗せて、両足が踏み台の上で揃うようにします。

3.右足から降ります。

4.左足から踏み台に上ります。

5.右足も踏み台に乗せて、両足が踏み台の上で揃うようにします。

6.左足から降ります。

7.これを順番に繰り返します。20分以上続けると効果的です。

『お尻』に効くマッサージとエクササイズ

お尻は他の部位よりも脂肪が溜まりやすく、筋力が弱いのでリンパの流れが悪くなりやすいためセルライト化しやすいです。

お尻をマッサージやエクササイズをする習慣がない人が多いと思いますが、足や二の腕と同様にマッサージやエクササイズを行うとセルライト改善になります。

入浴後におすすめのお尻マッサージ

1.お尻のえくぼ部分を親指で5秒間押します。

2.お尻の付け根あたりを揉みほぐします。

3.手をグーの形にして、太ももとお尻の境目を上へ擦るようにマッサージします。

4.お尻を下から引き上げます。手のひらで下から強めにさすり上げてください。

【ポイント】
血流が良くなっている入浴後に行うのがおすすめ。
お尻周りの筋肉のコリを治して引き締まったお尻にしてくれます。

お尻が引き締まるマッサージ

1.まず、立った状態で片脚を少し後ろに引きます。
このとき、地面にかかとが離れないように気をつけましょう。

2.次に、両手で前足のお尻の下から、腰を強くさすり上げます。
5回繰り返しましょう。

3.さすり終わったら、今度はお尻の横のお肉も両手で腰の後ろまでさすり上げましょう。
こちらも5回行ってください。
反対の足も同様に行ってくださいね。

お尻と太ももに効果的なエクササイズ

お尻は筋力が弱い部分ですので、エクササイズで鍛える必要があります。
マッサージと組み合わせて効率よくセルライトを除去していきましょう。

1.まずは立った状態から、片脚を両手で抱え、自分の方へ近づけてお尻と太ももの裏の筋肉を伸ばします。
左脚右脚、交互に5回ずつ行いましょう。

2.次に、両脚で立った状態から片脚立ちになります。
片脚立ちがきつい人は、壁に手をついてもOK。
地面についていない脚の膝を曲げ伸ばしします。
このときに、曲げるときはしっかりと曲げて、足首も90度に曲げましょう。
5回ほど行ったら、今度は反対脚も同様に行いましょう!

3.次は、立った状態で脚を大きく横に広げます。

4.大きく広げたら、股関節から曲げて上体を前に軽く前に倒し、スクワットをする体勢になります。

5.その状態からつま先立ちになり、つま先立ちのまま上体を起こします。

6.つま先立ちで上体が起き上がったら、地面にかかとをつけます。

7.4~6の動作を3回ほど繰り返しましょう。

『太もも』に効くマッサージとエクササイズ

太ももも血流の悪化が原因でセルライトができてしまいます。
おしりやふくらはぎと同様に、毎日のマッサージやエクササイズでセルライトを改善していきましょう。

太ももを集中マッサージ

1.足の付け根を内側から外側にかけてリンパを流していきましょう。

2.今度は手の第二関節を軽く曲げ、太もも全体のお肉を上にかきあげていきます。

3.お肉を少し掴むような感じで上にかきあげるイメージで。

4.この動作が終わった後も、1でお伝えした足の付け根を内側から外側にかけてリンパを流していきましょう。

5.次は手の付け根を使ってマッサージしていきます。
手の腹を使って太もも全体を押し上げていきます。
とくに太ももが気になる方は、体重をかけながら力を入れて押し上げていくと良いかもしれません。
終わったら、1の動作を忘れずに行いましょう。

6.次に手をグーの形にして、太もも全体をマッサージしていきます。
むくみが溜まり痛みを感じる人は、できる範囲でOKです。
「気持ち良いな~」と思う強さでマッサージしていきましょう。

7.両手を使って三角形を作ります。
その三角形を太ももに当て、太ももの内側のお肉を外側に持っていくような感じで流していきます。 これはセルライトを潰す動作になります。

イスに座りながら楽チン太ももマッサージ

1.まず、イスに座り片脚の太ももの左右をつまみます。

2.膝から太ももの付け根に向かって、太もものお肉をつまみ上げポンっと外側にスライドさせていきます。

3.次に膝から太ももの付け根に向かって、10回ほどグーッとさすり上げましょう。

4.今度は、太ももの上下をつまみ上げ、ポンっと外側にスライドさせていきましょう。

5.そして、最後に3の動作をしてマッサージ終了です。
これを両脚2分間ずつ行うことで、効果が出てきます。

太ももとお腹に効く簡単エクササイズ

カラダの中でもセルライトが付きやすい部位といったら太ももです。
とくに太ももの裏はボコボコになりやすい上に自分で確認しづらいですよね。
エクササイズを取り入れて、太もも裏のセルライトを除去していきましょう。

1.まず床に仰向けになり、両膝を立てます。
手は身体の横に、両脚は骨盤幅に開きましょう。

2.1の状態からゆっくりとお尻を上げ、片脚を床から離しグーッと脚を伸ばします。
脚を伸ばした状態を10秒間キープし、終わったら反対脚も同様に行いましょう。

3.反対脚も終わったら、ゆっくりとお尻を床につきます。
2と3の動作を5セット繰り返しましょう。

『二の腕』に効くマッサージとエクササイズ

二の腕もまたセルライトが溜まりやすく、一度ついてしまうと中々落ちない部分。

二の腕の裏側に位置する上腕三頭筋は、普段生活で使わない筋肉なので意識的に鍛えることをしない限り贅肉が溜まりやすいのです。
また、冷えやすく老廃物も溜まりやすいのでセルライトがつかないように、マッサージやエクササイズが必須ですよ。

二の腕に効くリンパマッサージ

このマッサージではリンパの流れを良くします。
リンパの流れを良くし、二の腕のセルライトを無くしスッキリ二の腕になりましょう。

1.まずは鎖骨の下部分に片手をあて、少し力を入れて鎖骨に沿って螺旋状に描きながらほぐしていきます。

2.今度は、脇のちょうど上の部分に指を入れてほぐしましょう。
かたくなっていると痛かったり、コリコリと感じるはずです。

3.次は、脇の下をほぐしていきます。
脇の下には「腋窩(えきか)リンパ節」といって上半身の大きなリンパ節があります。
リンパ節がある脇の下をガシッとつかみ、モミモミと脇の下をほぐしましょう。

4.次は、片方の腕を前に伸ばし、一番気になる部分「上腕三頭筋」をつかみます。
そのまま、雑巾絞りのようなイメージで下から上へひねっていきましょう。
セルライトをつぶすイメージで二の腕をまんべんなくひねってみてくださいね。

5.次は、片方の腕を前に伸ばしたまま、片手でグーの形を作り、肘から脇の下にかけてグーッとマッサージしていきます。
1~5が終わったら、今度はもう片方の腕にも行って下さい。 筋トレ前やスキマ時間に試してみてくださいね。

入浴後におすすめな二の腕マッサージ

1.まずはマッサージをしやすいように二の腕にまんべんなくオイルかクリームを塗ります。
塗ったら、腋窩リンパ節がある脇下を指4本でほぐしていきます。
このとき、痛みがあったりぷっくりと膨らみを感じたら老廃物がたまっている証拠です。

2.脇下をしっかりもみほぐしたら、今度は二の腕全体をマッサージしていきます。
手のひらを使い、腕の表面側を肩から手首にかけてギュッギュとにぎりながらマッサージしましょう。
手首までマッサージしたら、今度は手首から脇の下にかけて、腕の裏側をギュッギュとにぎりながらマッサージしていきましょう。

3.次は、腕の表面側の筋肉を4本指で持ち上げて、親指の付け根でセルライトを潰していきます。
肩から手首にかけて潰していきましょう。
終わったら、今度は腕の裏側の筋肉をさきほどと同様に手首から肩にかけてほぐします。

4.次は手首をつかみ、肘にかけてスーッと老廃物を流していきます。
数回行ったら、肘から脇の下にかけて老廃物を流していきましょう。
こちらも数回行ったら、今度は手首から脇の下まで老廃物を流していきます。
1~4が終わったら、今度は反対の腕も同様に行ってみてくださいね。

二の腕"雑巾絞り"マッサージ

1.まずは片方の腕を上げて、片方の手を脇の下に手をあて、円を描くように強めにさすります。
5~6回行ったら、反対の腕も同様に行いましょう。

2.片方の腕を前に伸ばし、片方の手で手首をつかみ、手首から脇の下にかけてなで上げます。
 脇の下に到達したところで、脇の下をギュッと押しましょう。
5~6回行ったら、今度は反対の腕も同様に行います。

3.片方の腕を前に伸ばし、二の腕の内側から外側に向かって、反対の手で雑巾絞りをするようなイメージでひねります。
気になる部分は重点的に行いましょう。5~6回ほど行ったら、今度は反対腕も同様に行って下さい。

4.次も片方の腕を前に伸ばし、反対側の手で腕の外側の筋肉をさすり上げます。
このとき、老廃物を流し込むイメージで行うことがポイントです。
腕の付け根の上を通り、脇の下をさすることを心がけて下さい。
5~6回行ったら、今度は反対腕も同様に行いましょう。

スキマ時間を利用してできる簡単二の腕エクササイズ

1.まずは、両手を横に伸ばします。

2.横に伸ばしたら、左腕を前にねじり、右腕を後ろにゆっくりとねじります。

3.ねじったら、今度は左腕を後ろにねじり、右腕を前にねじりましょう。

4.この動作をできる限りすることで、セルライト除去に繋がります。
スキマ時間を見つけて、ねじり体操を行ってみて下さい。

効果増大!マッサージ前は『入浴』がおすすめ

効果増大!マッサージ前は『入浴』がおすすめ

マッサージをより効果的に行うのであれば、入浴後がおすすめです。

入浴をしてカラダを温め、血の巡りが良くなったタイミングでマッサージを行うと、余分な水分や老廃物がスムーズに流れるようになります。
とくに夏場は暑さで入浴を避ける人が多いですが、セルライトの原因であるむくみを解消するためには入浴は効果的なので、意識して入浴をするようにしましょう。

1.まずは入浴する15分前にコップ1杯のお水を飲みましょう。

2.身体や髪を洗い終わったら、40度くらいのぬるめのお湯に首まで浸かります。

3.顔が汗ばみ全身が温まったら、20分間の半身浴に切り替えます。

4.長時間、首までお湯に浸かっていると心臓に負担がかかるのでみぞおちから上をお湯から出しましょう。

5.お風呂から上がったら、タオルやガウン等で身体を冷やさないようにします。

6.そして、温かいお水を1杯飲みましょう。

『有酸素運動』もプラスしてさらに効果アップ!

マッサージ、エクササイズだけでも十分セルライト除去には効果がありますが、さらに効果に期待したい人は「有酸素運動」を取り入れてみましょう!

有酸素運動と言われている運動は、ウォーキングやジョギング、水泳、サイクリングなどが挙げられます。

有酸素運動は、基本的に長い時間行う運動で身体に酸素を取り入れて脂肪を燃焼します。

とくにウォーキングは効率良く脂肪燃焼促進させることができるので、セルライトの除去にはおすすめです。

始めた頃は、身体が慣れていないので疲れやすいかもしれませんが、定期的に有酸素運動を行うことで徐々に疲れにくい身体が作られていきます。
セルライトの改善・予防だけではなく、ストレス軽減など健康面にも良い影響があるので積極的に有酸素運動を行うようにしましょう。

セルライトを除去する方法|『食べ物』でカラダの中から対策

セルライトを除去する方法|『食べ物』でカラダの中から対策

マッサージ、エクササイズといった外部からの刺激でセルライトを除去するだけでは、思うような効果は得られないかもしれません。

カラダの中からもセルライト対策を行うことが大切です。
あなたのカラダを作っている食べ物から見直していくと、よりセルライト除去に効果的ですよ。

セルライトを悪化させる食べ物

一番セルライトを悪化させる食べ物は、やはり「高カロリーで脂っこい食べ物」、「塩分が高いもの」です。

時々食べるのであればそこまで影響はありませんが、脂っこいものを好んで頻繁に食べる人は、余分な脂肪が蓄積されるのでセルライトの原因になります。
揚げ物やスナック菓子は塩分やカロリーが高く脂っこいものですし、身体に良くない添加物や保存料がたっぷりと使われているのでほどほどにしましょう。

脂っこい塩分高めな食べ物だけではなく、「上白糖」を使っている食べ物もセルライトを悪化させます。
上白糖には「エンプティカロリー」という成分が入っており、この成分には体重増加やセルライトを生み出すものが含まれています。

甘いスイーツや冷たい飲み物、アイスクリームなどはエンプティカロリーが入っているだけではなく身体を冷やしてしまう原因です。
「食べるな!」とは言いませんが、食べ過ぎには注意しましょう。

セルライト除去に効果的な栄養素・食べ物

セルライトに直接効くという食べ物は残念ながらありませんが、食べることによってセルライト除去に繋がる栄養素の入った食べ物はたくさんあります。

  • カリウム
  • 一番おすすめなのが、「カリウム」が豊富に入っている食べ物です。

    カリウムには、不必要な水分を外へ押し出す作用があり、カラダの中の水分量をコントロールしてくれる働きがあるのでセルライトの原因であるむくみに効きます。
    さらに代謝アップにも効果が期待できるので、セルライトだけでなくむくみに悩んでいる人も積極的に摂ることをおすすめします。

    カリウムが含まれている食べ物はこちら。

    アボカド、ほうれん草、パセリ、納豆、するめ、ピスタチオ、海藻類、さつまいも、ひじき、バナナ、干しぶどう

  • ビタミンB
  • 「ビタミンB」には、脂質をエネルギーに変える働きがあります。
    お肌にもカラダにも必要不可欠なビタミンB。
    日本人に不足しがちと言われているビタミンBは、日頃から摂るように心がけましょう。

    ビタミンBが含まれている食べ物はこちら。

    玄米、レバー、豚肉、うなぎ、納豆、かつお、マグロ、にんにく、ナッツ類、バナナ、アボカド

  • タンパク質
  • タンパク質は、基礎代謝をアップさせる働きがあります。
    基礎代謝が下がることで筋肉量も下がり、むくみやすい体質と変わってしまうのでセルライトが出来やすくなります。
    セルライト除去はもちろん、ダイエットにも必要な栄養素なので、良質なタンパク質を摂っていくようにしましょう。

    タンパク質が含まれている食べ物はこちら。

    納豆、鶏肉、豚肉、牛肉、卵、マグロ、サーモン、いわし、うなぎ、レバー

セルライト除去に効果的な食べ方とは・・・

効率よくセルライト除去をしたいのなら、食べ方から見直すのもおすすめです。
食べ方1つ変えるだけで、カラダの変化に気付くことができるはずですよ。

  • 温かい食べ物や飲み物を飲む
  • 冷えはセルライトが出来てしまう要因の1つです。

    カラダを冷やさないことが、セルライト除去・予防に繋がるので、日頃から温かい食べ物や飲み物を食べるように心がけてみましょう。
    また、カラダを温かくする生姜、にんにく、ごぼう、たまねぎ、レバーも積極的に摂り体温をアップさせ、脂肪燃焼を促しセルライト除去につなげましょう。

  • 食べる順番
  • 実はセルライト除去に、「食べる順番」がとても重要なことを知っていますか?

    食べる順番を変えることによって、脂肪の吸収を抑えたり、消化の負担を軽減することができます。

    食べる順番のポイントは、消化に時間がかからない食べ物から食べるということ。
    胃は食べたものから消化するので、消化の良いものから食べるとスムーズに消化し、脂肪の吸収を抑えてくれます。

    理想の食べる順番はこちら。

    1.飲み物類(お水や、お茶、スープ、ジュースなど)

    2.サラダやフルーツ

    3.肉や魚といったタンパク質類

    4.ご飯やパン、麺、などの炭水化物類

まとめ

厄介なセルライトを除去する方法をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

  • セルライトとは?
  • プロによる『エステ』でセルライト除去に確かな効果を実感する
  • マッサージからエクササイズまで!【部位別】自宅でできるセルフケア
  • クリームやジェルなどの『アイテム』でセルフケアの効果を高める
  • セルライト除去のために『食べ物』でカラダの中からも対策

以上のご紹介を致しました!

セルライトの除去に大切なのは生活習慣と日頃のケアです。

規則正しい生活と、マッサージなどをセルフケアを行うことで、セルライト除去にも予防にもなります。
セルライトで悩んでいる人は、今日から生活習慣の見直しとセルライトケアを始めてみましょう。

編集部コメント

私はセルフケアとか面倒くさいし続かないから、手っ取り早くて確実なエステがいいな…(笑)ワンコインとか安いから行ってみようかな。

N子氏
20 件

関連記事