美脚を作るのはマッサージ!むくみと無縁のカモシカ脚へ(画像あり)

美脚を作るのはマッサージ!むくみと無縁のカモシカ脚へ(画像あり)

美脚を作るのはマッサージ|美脚の大敵「むくみ」を知る

女性の身体は男性に比べて身体全体の筋肉量が少なく、脂肪量が多くなりやすい体質です。

夏場はエアコンによる身体の冷えがあったり、冬場も気温が低下することで身体の芯から冷え切ってしまうこともありますよね。

筋肉量が少なかったり、筋肉を動かすことが減ると血液の流れやリンパの流れが悪くなり、末端まで血液が行き渡らず冷えやむくみを感じ、それらを長年繰り返すことで脚のだるさやセルライト、そしてサイズアップとなります。

美脚を作るのはマッサージ|+日々の生活でできる5つのこと

  • 入浴
  • ぬるめのお湯にゆっくりと浸かり、しっかり身体の芯から温めてあげることで身体の中に溜まった余分な老廃物が汗となり排泄されます。外から身体を温めるということと老廃物を排泄することでその日のむくみを解消することができます。

    入浴中に足首をクルクル回して足先を開いたり、身体のストレッチを入れるのも効果的です。
    リラックス効果や発汗作用を促す入浴剤を活用するのも良いですね。
  • 食事
  • 食事もむくみを作る原因の一つなのは有名な話ですね。
    ですが、食事を摂らないのは健康にもよくありません。
    むくみにくい身体を作るためにも意識しながら食事を摂ることがポイントです。

    むくみの原因となる老廃物を排泄する効果的な成分である「カリウム」はバナナやりんご、海藻類、かぼちゃ、里芋など。「クエン酸」であるレモンやトマト、梅干しなども老廃物の排泄を促してくれます。
    筋肉を作るのに必要な栄養素である「たんぱく質」は鶏肉のささみやイワシや牛肉などに多く含まれています。

    それだけを摂るのではなく、日々の食事をバランスよく食べることが最大のポイントです。
  • 水分量と排泄
  • 「水分を摂ると太る」という人もいますが、水分を摂るから太るのではなく「水分を排泄できていないからむくむ」のです。

    1日平均1.5L〜2Lの水分をこまめに摂ると良いとされていますが、味付けの濃い食事をよくする人は体内の塩分濃度が高く水分が必要になります。
    そして摂取した水分の量は排泄しなければなりません。
    摂取して排泄しなければもちろんむくみます。
    できるだけ常温のお水を摂るようにしましょう。
  • 運動で下半身を使う
  • 長時間座りっぱなしなどの同じ姿勢もむくみの原因となります。
    冒頭でもお伝えしたように女性は男性に比べて筋肉量が少ないので筋肉を使うようにウォーキングしたり、階段を使うようにしたり、軽い運動をするなど有酸素運動を取り入れることも大切です。

    ふくらはぎや太ももの筋肉を動かすことで、リンパの流れや血液の流れが活発になりむくみ予防になります。
  • マッサージ
  • お風呂上がりの身体が温まっているうちに足裏、ふくらはぎ、太ももをマッサージすることがポイントです。

美脚を作るのはマッサージ|足裏のツボ押し

足裏には第二の心臓とも言われる身体のツボが密集しています。

  • 両手を使いながら足裏全体のかかとや土踏まず、指の付け根や指先など全体をほぐしましょう。

美脚を作るのはマッサージ|足の甲や指をほぐす

  • 普段ヒールや靴による圧迫で足の甲がキュッとなっていることがありますので、両手のひらを使って足の親指と小指の付け根から足の甲をほぐすようにマッサージしましょう。
足の指に手の指をはめて指を広げるのも気持ちいいですよ。

美脚を作るのはマッサージ|ふくらはぎマッサージ

  • 足首からひざ裏あたりまで手のひらを使い、少し圧をかけながら持ち上げるようにマッサージします。
  • 足首周りに老廃物が溜まりやすので繰り返し行いましょう。

美脚を作るのはマッサージ|太ももマッサージ

  • 内もも、外もも、前ももと分けてひざ上から太ももの付け根に向かってマッサージしましょう。
  • 指先を使うのではなく、手のひらも使いながら揉んだり、ひねったりしましょう。
ポイント
美脚のポイントは足首がキュッとして、メリハリのあるふくらはぎ、程よく脂肪がついた太もものバランスがポイントです。
日々の生活でできる5つのポイントをおさえながら、美脚を作るマッサージをぜひ活用してみてください。

まとめ

美脚を作るマッサージ法をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

美脚を作るマッサージ法と生活習慣を心がけることで、キュッとスッキリとした脚に変わることができます。
ぜひこの記事を参考に実践してみてくださいね。
14 件

関連記事