セルライト撃退の3つのポイントは『歩く・鍛える・揉みほぐす』!

セルライト撃退の3つのポイントは『歩く・鍛える・揉みほぐす』!

INDEX

セルライトを撃退|運動だけでセルライトを撃退するのは無理?

セルライトは、何らかの影響で血行不良になり代謝がダウンしたことで老廃物が溜まって出来てしまいます。

血行不良の原因は、冷えやホルモンバランス、自律神経の乱れなどです。

ホルモンバランスや自律神経の乱れが起こったとしても、筋肉が多ければある程度は良い血流をキープできるので、セルライトはできにくいはず。

しかし、もともと脂肪が多いと、ホルモンバランスや自律神経の乱れから冷えが起こり、血行不良に陥って、溜まってしまった水分や老廃物が脂肪細胞を肥大化させて、ボコボコのセルライトができてしまうという事態になるのです。

一度セルライトが発生すると、解消するのは大変ですが、血行を促進したり筋肉をつけていけば老廃物が流れてセルライトも次第に解消されてきます。

セルライトにお悩みの方はこちらもご覧ください!

セルライト除去★完全ガイド|エステ・セルフケア・食べ物まで全解説

セルライトを撃退|ウォーキング+スクワットの組み合わせがおすすめ!

ウォーキング+スクワットの組み合わせがおすすめ!
セルライトに最適な運動は、有酸素運動と無酸素運動の組み合わせです。

有酸素運動はウォーキングなどの酸素をたくさん取り込む運動で、無酸素運動は酸素をあまり取り込まずに行う強度の高い運動です。

有酸素運動では主に酸素を取り込むことで血流を促進します。
無酸素運動では、強度の高い運動で筋肉を刺激することで筋力をアップさせて、筋肉量を増やすことで血流を促進します。

つまり、ウォーキングとスクワットを組み合わせると、効率的に血流やリンパの流れを促せるので、セルライトを撃退できるのです。

セルライトを撃退|正しいスクワットの方法

スクワットは、バランス良く足全体の筋肉を鍛えられます。
シンプルな動きの筋トレなのと、器具も使わないので実践しやすいのです。
ウォーキングとうまく組み合わせて実践していきましょう。

ここで、正しいスクワットをおさらいします。

やり方

  1. 足を腰の幅程度に広げてまっすぐ立ちます。両手はまっすぐ前に伸ばします。
  2. そのままの体勢で背中が丸くならないように意識しながら腰をゆっくり落としていきます。太ももが床と水平になるくらいまで腰を落とすのが目標です。
  3. 腰を落とした状態で5秒ほど静止したら、ゆっくりと元の姿勢に戻っていきます。
これを1日に10回は行うようにしましょう。


セルライトを撃退|おすすめマッサージ方法

有酸素運動と無酸素運動、そして、脚のマッサージを加えると、もっと効果的にセルライトを解消できます。

ここで、太ももなどにできてしまった頑固なセルライトを撃退するためのマッサージ方法をご紹介します。

マッサージ方法

  1. まず、足の裏を指圧してほぐします。足踏み器具やテニスボールなどで、土踏まずを中心に刺激していきましょう。
  2. 丁寧にほぐすほど、足全体の血流やリンパの流れがスムーズになって、この後のマッサージの効果が上がります。
  3. 足首からふくらはぎ、ひざ裏をさすってリンパを流します。
  4. 強くさすらなくても優しく撫でるだけでリンパの流れが良くなります。
  5. セルライトができているところを手でつまんで揉みます。
  6. 手でつまみにくい人はセルライト解消ローラーなどを使って、集中的にセルライトを刺激しましょう。
  7. 最後の仕上げに、足首からお尻までを優しくさすってマッサージします。
このマッサージをお風呂に入っている時に行いましょう。
リンパの流れをスムーズにするために、入浴前にノンカフェインの温かい飲み物を飲みます。

湯船に浸かって体の芯まで温めてからマッサージを行うと、血流が良いので効果が出やすいです。

入浴後にもう一度、水分補給をするとさらにセルライト解消度が上がります。

湯船に浸かるときは、できれば半身浴状態がベストです。
38度くらいのぬるま湯にみぞおちあたりまで浸かって20分くらい入ります。
ぬるま湯に長く浸かった方が体の芯まで温まるのでかなり血流が促進されます。


まとめ

    セルライトを撃退する運動とマッサージについて、以下の通りご紹介しましたがいかがだったでしょうか。
  • ウォーキング+スクワットの組み合わせがおすすめ
  • 正しいスクワットのやり方
  • おすすめマッサージ方法
太ももだけではなく、ふくらはぎやひざ裏の少し上にブヨブヨしたセルライトが出ている人もいますね。
セルライトがあるだけで、せっかくの美脚も台無しなので、しっかり対策していきましょう。
13 件

関連記事