スキンケア

はちみつに美容効果?理由と実践方法

2023/02/01

近年では100円均一でも手に入れられる“はちみつ”。

料理に使えば味わい深いに仕上がるほか、ホットミルクに溶かして飲めばリラックス効果を得られるなど、さまざまなの楽しみ方があります。

しかし、はちみつにはさらにうれしい効果もあることを知っていますか?

それは、美容効果なんです。

はちみつの種類を少し変えるだけで、今よりもきれいに、もしくはきれいな肌を維持できるかも知れません。

はちみつには美容成分が多く含まれている

普段何気なく使うはちみつを、少しだけ深掘りしてみましょう。

何気なく食べたり使ったりすることの多いはちみつには、およそ190種類以上もの栄養素が含まれています。

ビタミンであればB2やB6など風邪予防に効果的なものから、妊娠・授乳期には欠かせない葉酸、髪の毛の主成分であるたんぱく質など、体に良いとされるものが豊富。

カロリーは100gあたり330kcalほどで、エネルギー補給にも最適です。

そのなかでも注目されているのが、美容には必要不可欠なアミノ酸とポリフェノール。

はちみつ100gあたりだと、その2/3はプロリンと呼ばれるアミノ酸で、残りの1/3はリジンやグルタミン酸、アスパラギン酸など10種類が確認されています。

一方、ポリフェノールは高カカオチョコレートやワインなどにも含まれているもので、抗酸化作用に長けた成分。

美肌効果やシミ・シワ予防にもおすすめな成分です。

はちみつは肌を美しく保ちたい方や肌荒れが気になる方、ツヤのある肌を手に入れたい方におすすめのアイテムと言えるでしょう。

美容効果を得たいなら“生はちみつ”がおすすめ

とはいえ、どのはちみつでも同じ効果が得られるわけではありません。

美容効果を的確に得たいのなら、“生はちみつ”で摂取するのがおすすめ。

しかし、生で摂取するのは抵抗がある方もいるでしょう。

そのようなときは「非加熱」や「純粋」と記載されたものを選びましょう。

お店で売られるはちみつには「加熱」と「非加熱」、なかには「純粋」「加糖」「精製」と記載されたものがあります。

「加熱」や「精製」は、においや色を除去する処理や加工しているものに該当します。

はちみつに含まれる美容成分を摂取したいのなら「非加熱」や「純粋」と記載されたタイプを選びましょう。

「非加熱」や「純粋」のはちみつを意識的に摂取してみよう

はちみつには美容効果のほかにも疲労回復効果、ダイエット効果、殺菌効果などのあるいわば魔法の食材です。

唇の乾燥や皮むけが気になるときは、はちみつを唇に塗り、ラップをしてパックをすると保湿作用が得られ、プルプルとした唇を取り戻すことができます。

肌ツヤが気になる方や疲れが取れない方は、就寝前のホットミルクからはちみつ生活を始めてみてはいかがでしょうか。

RELATED

関連記事

  • 自宅でできる毛穴ケア!簡単セルフケアで毛穴美人になる方法

  • 乳液後のベタベタが気になるなら!ベビーパウダーを使ってみよう!

  • バクチオール美容液の秘密