ダイエット・筋トレ

サウナ初心者でも楽しめる!サウナの入り方と効果を知ろう

ダイエット健康生活

2023/08/30

サウナは、健康や美容に良いと言われていますが、初めて入る方にとっては、熱くて長く入れない、頭痛がする、マナーが分からないなどの不安や悩みがあるかもしれません。そこで、この記事では、サウナ初心者の方へ、サウナの基本的な入り方や効果、水分補給や休憩の方法などをご紹介します。サウナの魅力を知って、快適なサウナライフを始めましょう!

 

サウナ初心者のための入り方ガイド

サウナ初心者の方にとって、サウナはとても魅力的な場所ですが、同時に不安や疑問も多いかもしれません。そこで、この記事では、サウナ初心者のための入り方ガイドをお届けします。サウナの基本的なマナーと正しい入り方を解説し、サウナに入ると身体にどんな効果があるのか 、外気浴の理由も紹介します。

 

サウナの基本的なマナーと正しい入り方を解説

サウナは、高温の室内で発汗を促し、健康や美容に効果があると言われています。しかし、サウナを楽しむには、正しい入り方やマナーを知っておく必要があります。そこで、サウナの基本的なマナーと正しい入り方を解説します。

まず、サウナに入る前には、必ずシャワーで汚れや汗を流してください。これは、自分の体だけでなく、他の利用者や施設に対する配慮です。また、タオルや水分補給の準備も忘れずに行ってください。

次に、サウナ室に入るときは、静かにドアを開けて閉めてください。ドアを開けたままにすると、室内の温度や湿度が下がってしまいます。また、会話は控えめにしましょう。サウナはリラックスする場所なので、周りの人に迷惑をかけないように気をつけてください。

サウナ室内では、上段と下段のベンチがありますが、上段の方が温度が高くなります。初心者や体調が悪い方は、下段で様子を見ることをおすすめします。また、ベンチに直接座るのではなく、タオルを敷いてから座りましょう。これは、衛生面や火傷の予防のためです。

サウナ室で過ごす時間は、目安として10分程度です。無理をせずに自分の体調や感じ方に合わせて調整してください。サウナ室から出たら、水分補給や休憩をしっかりと行ってください。また、冷たい水で全身を冷やすことで血管が収縮し、血圧が上がります。これは、サウナの効果的な入り方です。

以上が、サウナの基本的なマナーと正しい入り方の解説です。サウナは適度に利用することで、疲労回復やストレス解消などのメリットがあります。しかし、飲酒や運動後などの場合はリスクが高まるので注意してください。

サウナに入ると身体にどんな効果があるのか?外気浴の理由

サウナは、高温の部屋で発汗を促し、身体を温める温浴法です。サウナに入ると、血液の循環が良くなり、血管が拡張して血圧が下がります。また、筋肉や関節の疲労や痛みを和らげ、リラックス効果もあります。

しかし、サウナに入りすぎると、体温が上がりすぎて体調を崩したり、水分やミネラルの過剰な喪失によって脱水症状や低血圧などの危険な状態に陥ったりする可能性があります。そこで、サウナに入った後は必ず外気浴を行うことが大切です。

外気浴とは、サウナから出た後に冷たい空気や水に触れることで、身体を急激に冷やす方法です。外気浴によって、血管が収縮し、血液の流れが整います。また、体温の上下による刺激で自律神経のバランスを整えたり、免疫力や代謝を高めたりする効果もあります。さらに、外気浴は心臓や脳にも良い影響を与えます。外気浴は視床下部のスイッチを切り替えてストレスホルモンの分泌を抑え、リラックスホルモンの分泌を促すと言われています。

サウナと外気浴を繰り返すことで、身体に多くのメリットを得られます。しかし、サウナや外気浴の時間や方法は個人差があります。自分の体調や目的に合わせて適切な温度や時間を選びましょう。また、サウナや外気浴の前後には水分補給や休憩も忘れずに行いましょう。そして、サウナ施設の利用時にはマナーやルールも守って楽しく健康的なサウナライフを送りましょう。

 

サウナで頭痛にならないための水分補給と休憩の対策

サウナ初心者の方にとって、頭痛はサウナの楽しさを台無しにする可能性があります。しかし、適切な水分補給と休憩を行えば、頭痛を予防することができます。この記事では、サウナで頭痛にならないための水分補給と休憩の対策についてご紹介します。

サウナ入り前後の水分補給のポイントと量

サウナに入ると、体内の水分やミネラルが失われるため、頭痛を引き起こす原因になります。そのため、サウナに入る前後には、十分な水分補給と休憩が必要です。水分補給と休憩の対策は、次の通りです。

  • 水分補給は、サウナに入る前に温かい飲み物を飲み、サウナから出た後に冷たい飲み物を飲むことで行います。温かい飲み物は体温を上げて発汗を促し、冷たい飲み物は血管を収縮して血圧を上げます。水分補給の量は、体重の1%から2%程度が目安です。水やお茶、スポーツドリンクなどがおすすめです。
  • 休憩は、サウナと外気浴の間に十分に取ります。休憩時間は、サウナ時間の2倍以上が理想です。休憩中には、外気に触れたり、マッサージやストレッチをしたりすることで、血行やリラクゼーション効果を高めます。

サウナは自分の体調や好みに合わせて楽しみましょう。

サウナと外気浴の休憩時間の目安と効果

サウナは高温の室内で発汗を促進し、外気浴は低温の場所で体温を下げることで、血流を改善し、心身のリラックス効果を得られると言われています。しかし、サウナに入る時間や外気浴の時間は、個人差や体調によって適切な目安が変わります。一般的には、サウナには5分から15分程度、外気浴には10分から20分程度が良いとされています。また、サウナと外気浴のセットを2回から3回繰り返すことで、効果的な入浴ができると言われています。

サウナに入る際には、以下のポイントに注意しましょう。

サウナに入る前後には、水分やミネラルを補給することが大切です。特に飲酒は避けましょう。
サウナに入る前には、シャワーで汚れや汗を洗い流しましょう。また、タオルで体を拭いてから入ることで、発汗が促進されます。
サウナ室内では、時計や温度計などを見て自分の体調や感覚に合わせて適切な時間を決めましょう。無理をしないことが大切です。
サウナ室内では、他の利用者に迷惑をかけないようにマナーを守りましょう。例えば、大きな声で話さない、濡れたタオルを座席に置かない、ロウリュウやスチームサウナなどの施設は利用者同士で協調するなどです。
サウナから出た後には、以下のポイントに注意しましょう。

サウナから出た後には、シャワーで汗や老廃物を流しましょう。また、冷たい水で体を冷やすことで血管が収縮し、血圧が上がります。
外気浴では、体温が下がりすぎないように注意しましょう。寒く感じたらタオルやサウナハットなどで体を温めましょう。
外気浴では、リラックスした状態で過ごしましょう。読書や音楽鑑賞などがおすすめです。

 

まとめ

以上が、サウナと外気浴の休憩時間の目安と効果についてになります。

サウナは自分の体調や好みに合わせて楽しみましょう。

RELATED

関連記事

  • お腹の横の脂肪を解消!理想のくびれは筋トレで!

  • セルライトの簡単な潰し方!~マッサージとアロマオイルで~

  • より痩せられる、朝の筋トレダイエット!メリットとデメリットについて