日サロ初心者必見。きれいにムラなく焼くコツを解説!

公開日:2019年07月30日

日サロ初心者必見。きれいにムラなく焼くコツを解説!

健康的な小麦色の肌を手に入れたけどイマイチうまく日焼けが出来なかったり、

日焼けしに行く時間がなかったりと悩んでいる方、日焼けサロンで理想の肌色をゲットしてみませんか?

日サロに行ってみたいけど初めてなので不安な方も必見!

今回は、日焼けサロンのシステムや綺麗に焼くコツなどをご紹介します。

INDEX

日サロのシステム

  • 予約
  • 基本的には、日焼けサロンはマシーンの数に限りがあるので、スムーズに利用する為に予約してから向かうことをおすすめします。

  • 持ち物
  • 日焼けローションなど、最低限の必要なアイテムはお店で用意されているので手ぶらで問題ないですが、自分の肌にあったものを使用したい場合は持参しましょう。

  • 服装
  • シャワーなども完備されており、全裸でマシーンに入るので着替えなどは不要です。お店についたら店員さんの指示に従ってマシーンを利用します。

  • 支払い
  • 料金は先払いのお店が多いので最初に確認しておくと良いでしょう。

  • スケジュール
  • 一回では焼けないので、2日以上の間隔を開け、数回通いベースを作りましょう。

日サロで焼くメリットは?

海やプールなどに行けば自然に日焼け出来るのにわざわざ日焼けサロンに行くメリットとは何なのかご紹介します。

まず、日焼けサロンのマシーンは、通常の紫外線よりも害が少なく、

少しずつ焼いていくので肌へのダメージを軽減することが出来ます。

更に出力調整なども出来るのでうっかり焼き過ぎることもなく、

自分の好みの色に焼くことが可能です。

そして、コツさえつかめば誰でも綺麗に焼くことで出来るので、理想の小麦肌が手に入ります。

きれいにムラなく焼くコツ

それでは、初めてでも綺麗に焼くコツを実際の流れとあわせてご紹介していきます。

  • 準備
  • まず、マシーンに入る前のシャワーではきちんと身体の汚れやメイクを落としましょう。そして必ず日焼けローションやジェルを全身に塗ることが大切です。塗り忘れはムラの原因になるので注意しましょう。

  • マシーンの中
  • 実際にマシーンに入った際は、同じ面ばかりを焼き過ぎないようにする為、時間配分を決めて仰向けとうつ伏せと側面を焼きましょう。さらに焼けにくい箇所は少し意識して光に当てるときちんと焼けます。汗が出たら軽く拭くようにすると良いでしょう。

  • アフターケア
  • 直射日光と比べ害が少ない日焼けマシーンですが、日焼け後は必ず通常と同じようにアフターケアを行いましょう。クールダウンし、特に保湿をしっかり行い、肌を整えることも綺麗に焼くためのコツのひとつです。

  • 綺麗に日焼するコツ
  • また、日サロで一回焼けば下地完了!と思っている方もいるかもしれませんが、一回では下地が出来たとは言えません。出来れば4日は間隔をあけ、4回くらいは通うことできちんとした下地が完成します。焦らず少しずつ焼くことが重要です。

日サロでの注意点

手軽に利用できる日焼けサロンですが、注意点もあるのでご紹介します。

まず、利用出来ない場合があります。

例えば、既に直射日光で日焼けをしたばかりの方は肌を痛めることになるので利用出来ません。

その他にも、病気やけがなど健康上の問題がある場合、元々極端に肌が弱く紫外線への耐性が少ない方なども同様です。

不安がある場合は直接店舗に問い合わせて確認することをおすすめします。

次に、日サロの日焼けマシーンは害が少ないとご案内していますが、

長期的かつ頻繁に利用しすぎると、肌のしみやたるみの原因になることもあるので、

お肌の状態と相談して利用することが大切です。

まとめ

今回は、日サロの利用方法や綺麗にムラなく焼くコツなどをご紹介しました。

初心者の方でも簡単に利用できる日サロを使わない手はないですね!

手ぶらで気軽に利用できるので、夏本番をむかえる前に下地作りからスタートしてみてはいかがでしょうか。

16 件

関連記事