真っ白い歯になるには何がいいの?歯科クリニック、セルフケアなど徹底解剖

真っ白い歯になるには何がいいの?歯科クリニック、セルフケアなど徹底解剖

お口回りの悩み事と言えば、虫歯や口臭と並んで上げられるのが歯の黄ばみです。

歯が黄色いと、なんとなく笑顔に自信が持てなくなる方も多いようです。

ところで、そんな黄ばんでしまった歯もホワイトニングすることで白い歯に戻すことができます。

今回は、白い歯を再び手に入れたい!と思っている方に読んで頂きたい内容です。

INDEX

歯が黄ばんでしまう原因

歯は主に、象牙質を主体に、その象牙質の表面を覆うエナメル質でできています。

エナメル質は半透明をしており、内側の象牙質の色が透けて見えます。


歯の黄ばみの主な原因は、そのエナメル質に着いた着色汚れ(ステイン)です。

色の濃い食べ物の色素やタバコのヤニがエナメル質に付着することで歯が黄ばんでいきます。


歯の黄ばみの原因になりやすい飲食物

【飲み物】コーヒー・紅茶、ウーロン茶、緑茶などのお茶・赤ワイン

【食べ物】カレー・チョコレート・ソース・ケチャップ・醤油・ぶどう・ブルーベリー


その他、歯の磨き過ぎ・加齢・遺伝などが歯の黄ばみの原因のこともあります。

ホワイトニングとクリーニングの違い

歯の着色汚れを落としたい時の選択肢として歯のクリーニングという方法もあります。

ホワイトニングとクリーニングの違いをご説明したいと思います。

歯のクリーニングは、歯の表面に付いている歯石や歯垢を取り除くために行います。

クリーニングでは、機械で歯の表面を磨くことで、歯の表面についた着色汚れ(ステイン)を除去することができます。

歯の表面の汚れが取れるので、その分歯が白く見えるようになります。

歯のホワイトニング

ホワイトニングでは、過酸化水素を使ったホワイトニング剤を使って、歯の表面についた着色汚れだけでなく、歯に染み込んだ着色成分を分解・漂白します。

歯のエナメル質に含まれる色素を白くすることで、歯そのものの色自体を白くしていきます。


クリーニングは歯の表面についた汚れを取って本来の歯の色に戻ることができます。

しかし、本来の歯の色以上に白くなることはありませんし、本来の歯の色が黄ばんでいる場合は黄ばんだ色になります。

一方でホワイトニングは、歯の表面だけでなく、歯のエナメル質自体の色を白く変える方法なので、本来の歯の色よりも明るく白い歯になることができます。

歯科クリニックで行うホワイトニング

歯科クリニックで行うホワイトニングの特徴

歯科クリニックで行うホワイトニングの最大の特徴は過酸化水素を使ったホワイトニング剤を扱うことができる点です。

歯を漂白する効果を持つ過酸化水素を扱えるのは歯科医師・歯科衛生士の有資格者に限られています。

過酸化水素を使ったホワイトニング剤は、本来の色以上に歯を白くすることができますが、過酸化水素を使用しない方法では、表面の汚れを落とすのみになります。

歯科クリニックで行うホワイトニングの種類

歯科クリニックで行うホワイトニングには3つの種類があります。

  • ・オフィスホワイトニング→歯科クリニックでホワイトニングの施術を行います。
  • ・ホームホワイトニング→歯科クリニックでマウスピースを作り、自宅でホワイトニングをします。
  • ・デュアルホワイトニング→オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの混合です。

それぞれの特徴やメリット・デメリットは下記の通りです。

オフィスホワイトニング

【場所】ホワイトニング施術を歯科クリニック内で完結できるので安心です。

【方法】高濃度のホワイトニング剤の散布とホワイニングライトの照射

【時間】1回1時間程度

【効果】1回の施術で歯が白くなります

【特徴】1回で歯が白くなる分、色戻りしやすいです(3か月~8か月程)

ホームホワイトニング

【場所】ご自宅など、お好きな場所で。

【方法】ホワイトニング剤を付けたマウスピースを装着する

【時間】1日30分~2時間程度

【効果】継続1週間目くらいから効果がでてきます

【特徴】歯が白くなるまでに時間がかかりますが、色戻りしにくいです(1年程度)


本来の歯の色よりも白くしたい方は、歯科クリニックでのホワイトニングがおすすめです。

セルフホワイトニング店で行うホワイトニング

セルフホワイトニングとは、セルフホワイトニング専門店や美容サロンで行うホワイトニングです。

セルフホワイトニング店には、ホワイトニング剤とLEDライトが用意してありますので、お客様自身(セルフ)でホワイトニング剤を塗ってLEDライトを照射します。

歯科クリニックで行うホワイトニングとの違い

歯科医師や歯科衛生士の有資格者が在籍していないため、過酸化水素を使ったホワイトニング剤を使うことができません。

なので、歯の表面の汚れを落として元の歯の色に近づけるホワイトニングになります。


また、口の中を直接触ることができるのも有資格者だけですので、セルフホワイトニングでは、自分自身でホワイトニング剤を歯に塗る必要があります。


セルフホワイトニングの特徴は短時間・低料金なことですので、歯の表面の汚れを落としたいという方はお試しで通ってみてもよいかもしれません。

自宅でできるホワイトニングケア

最後に、日々の生活の中でできるホワイトニングケアについてご紹介します。

色汚れ(ステイン)を防ぐ

歯の黄ばみの原因は主に着色汚れです(ステイン)。

前述した「歯の黄ばみの原因になりやすい飲食物」の摂取回数を減らすことも考えてみてください。

ただ、着色汚れを完全に防ぐことはできませんので、歯に色が沈着する前に、ホワイトニング専用の歯磨き等でケアを行ってください。

歯科クリニックへ定期的に(3か月~半年に1回程度)クリーニングに行くことも効果的です。


こちらの記事も参考にしてみて下さいね

→自宅でできるホワイトニング!芸能人みたいな真っ白な歯になるためには?

まとめ

ホワイトニングについてご紹介致しました。

黄ばんだ歯で悩んでいる方や、本来の歯の以上に白い歯になりたい方は検討してみてくださいね!

歯のクリーニング

35 件

関連記事