スキンケア

冬に肌が乾燥するのはなぜ?理由とスキンケアの見直しポイントを解説

2023/12/26

秋から春先にかけて肌が乾燥するのはなぜなのでしょうか。

 

とくに暖房を使うことが増える冬は、髪や肌が乾燥し、パサつきやハリが失われやすく、さまざまなトラブルに悩む方も多いでしょう。

 

そこで今回は、冬に肌が乾燥する理由とおすすめのスキンケアを紹介します。

 

健やかな肌・髪を維持したい方はぜひ参考にしてください。

 

冬に肌が乾燥する理由は「気温」と「湿度」の低下

冬に乾燥しやすい理由には、気温の低下があります。

 

気温が低下することで室内や大気中の湿度が下がり、空気が乾燥します。

 

空気が乾燥すると肌の水分が蒸発することから、肌荒れを招いてしまうのです。

 

特に部屋の中では、暖房の使用によって湿度が大きく下がるため、肌や髪の乾燥が防げなくなります。

 

この乾燥で角質細胞間の水分や皮脂が失われ、肌のバリア機能が低下。

 

うるおいが不足した肌は乾燥に弱いことから、かゆみや荒れの原因につながってしまうのです。

 

また、髪の毛も湿度の影響を受けやすく、水分量が低下するとパサつきが生じるほか、静電気が起きやすく、摩擦によって毛先が傷むことも。

 

冬は気温や湿度の低下によってさまざまなトラブルが起きやすい季節。

 

だからこそ、次章で紹介する乾燥予防のポイントを試してみましょう。

 

冬の乾燥予防のポイント

乾燥によるかゆみや肌荒れ、パサついた髪の毛に悩まされないよう、普段のスキンケア・ヘアケアを見直すことが大切です。

 

ここからは冬の乾燥対策のポイントを解説します。

 

効果的なケア方法を取り入れ、快適な冬を過ごしましょう。

 

顔|保湿クリームの数量を増やす

朝晩のスキンケアで、乳液からクリームタイプの保湿成分の多いものに切り替えます。

 

洗顔後はすぐにスキンケアを取り入れることで、乾燥から肌を守ることができます。

 

顔|シートマスクで集中保湿

週に2~3回のペースで、10~20分ほどシートマスクで保湿しましょう。

 

そうすることで、保湿成分を肌に浸透させることができます。

 

顔|保湿成分を重視する

乾燥によって肌荒れしやすい方は、グリセリン、ヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分が配合されたスキンケアアイテムがおすすめです。

 

さらに、冬限定の保湿ラインを試してみるのも効果的です。

 

髪|ヘアマスクで集中ケア

週1回程度はヘアマスクで髪の毛の保湿をこころがけましょう。

 

トリートメントと合わせて使用すると、髪の内側にもうるおい成分が浸透します。

 

髪|ブラシでヘアオイルをなじませる

ブラッシング時に植物系のヘアオイルを、手に馴染ませたら、髪の中心から毛先にかけてなじませましょう。

 

頭頂部からなじませてしまうとベタつきが気になるので注意。

 

また、保湿成分が高いという理由から、ヘアオイルを毛先にたっぷり付けるのもNGです。

 

摩擦や乾燥を招きやすいので、適量を使用するよう心がけましょう。

 

肌・髪・体|加湿器で部屋の湿度を上げる

部屋の湿度が下がると、肌や髪のほか、ひざやひじなど、全身の乾燥も進みます。

 

加湿器などを使って、室内の湿度を50%以上に維持しましょう。

 

加湿器がないときは、濡らしたタオルを干したり、乾燥しやすい部屋に洗濯物を干すのがおすすめです。

 

肌・髪・体|常に水分補給を心がける

水分不足は乾燥の大きな要因。

 

こまめな水分補給を心がけましょう。

 

湯冷ましやお茶を飲んだり、ゆっくりと湯船につかったりするのもおすすめです。

 

まとめ

冬の乾燥対策としてスキンケア、ヘアケア、部屋の湿度管理のポイントを解説しました。

 

本記事で紹介したポイントを取り入れながら、乾燥から肌・髪を守り、快適な冬を過ごしましょう。

RELATED

関連記事

  • 腸内環境が肌の悩みを解決する!?美肌になるための腸美人の秘訣

  • 炭酸水洗顔で毛穴とニキビ撃退!ダイエットも健康もサポートしてくれる優秀な炭酸水の使い方

  • 美白に良い食べ物とは?体の中からキレイになろう!