スキンケア

混合肌におすすめのスキンケアとは?

2024/03/01

ベタつきや乾燥が気になる方は、もしかすると混合肌の可能性があります。

 

今回は、混合肌の方にオススメのスキンケアを紹介します。

 

混合肌であってもどんな肌なのかを知っておけば適切なスキンケアにより、ベタつきと乾燥を同時に抑えることが可能です。

 

混合肌に悩む方は、ぜひ本記事を参考に自分に合ったスキンケアを試してみてください。

 

混合肌とは

そもそも混合肌とは、油分が気になるのにカサつく肌のことです。

 

混合肌には以下のような特徴があります。

 

  • 皮脂量が多い
  • 水分量が不足しがち
  • ベタつきやニキビ、吹き出物が気になる
  • キメが乱れてカサつきやすい
  • バリア機能が低下しやすく肌トラブルを招きやすい

 

混合肌かを知るには以下のセルフチェックを試してみましょう。

 

  • Tゾーンはベタつくのに口元は頬、目元はカサつく
  • 汗をかきやすい体質
  • エアコンや暖房がきいた部屋にいることが多い
  • テカりやすいのに透明感が少ない

 

いくつか該当する方は混合肌の可能性があります。

 

しかし、肌質は季節や体調、生活習慣でも変化することから、自身の肌質についてきちんと知りたい方は、コスメカウンターで水分量と皮脂量をチェックしてもらうと良いでしょう。

 

混合肌におすすめのスキンケア

混合肌におすすめのスキンケアを見ていきましょう。

 

クレンジング・洗顔・保湿の3つに分けているので、それぞれの項目をチェックしながら実際に試してみましょう。

 

クレンジング

混合肌のクレンジングは、ベタつきと乾燥、それにより肌荒れを予防するためにも、清潔な手で行うことが大切です。

 

きちんと手を洗ったら、クレンジング剤を手に取ります。

 

このとき、多くても不足していても摩擦によって肌がダメージを受けてしまうので、正しい量を使うよう意識しましょう。

 

手に適量を取ったら、両頬から中指・薬指を使ってなじませてください。

 

次に、額の中心から端に向かって螺旋をかくようになじませ、鼻へとスライドします。

 

鼻は指を上から下へスライドさせながらなじませ、小鼻は指先を使って入念に洗いましょう。

 

顎は片手で螺旋をかくようになじませてください。

 

いずれも強くこするのではなく、なじませるのがポイントです。

 

クレンジング剤とメイクがなじんだら、ぬるま湯で丁寧にすすいでください。

 

洗顔

洗顔もクレンジングと同様に、清潔な手で行うのが基本です。

 

クレンジング剤や汚れが付着していると肌にダメージを与えてしまうので、きれいに洗ってから行ってください。

 

洗顔も、洗顔料を適量とり、しっかりと泡立てます。

 

空気が混ざりふわふわと心地の良い泡が出来たら、肌の上で転がすように洗いましょう。

 

すすぎ残しは肌荒れの原因になるので、こめかみや生え際、顎なども注意深くすすいでください。

 

洗顔後はタオルで水分をやさしく吸い取るのがポイントです。

 

保湿

混合肌の保湿は、ベタつきを抑えるため、コットンを使うのがポイント。

 

コットンでなじませるとうるおいを浸透させやすいほか、不要な水分を残さないのでベタつきを軽減できます。

 

化粧水も乳液もコットンを使ってやさしく肌になじませましょう。

 

まとめ

今回は混合肌の概要とおすすめのスキンケアを紹介しました。

 

セルフチェックに該当するものが多い方は、混合肌の可能性があります。

 

とはいえ、環境や生活習慣でも肌質は変化するので、詳しく知りたい方はコスメカウンターで水分量や油分量を計測してから本記事で紹介したスキンケアを試してください。

RELATED

関連記事

  • 皮膚を保護するバリア機能とは?今日からできるスキンケアを解説

  • 乳液後のベタベタが気になるなら!ベビーパウダーを使ってみよう!

  • 最先端技術のスキンケア成分! iPS細胞培養上清液とは?