スキンケア

乾燥やたるみの原因は顔セルライトだった?予防方法や解消方法をご紹介

スキンケアダイエット

2023/07/07

顔が重く感じることはありませんか?それは、顔にもできるセルライトのせいかもしれません。顔のセルライトは、肌の凹凸やくすみを引き起こす可能性があります。顔のセルライトについて、その原因と対策をご紹介します。

セルライトとは、皮下組織にある脂肪細胞が老廃物や水分と結合して固まったものです。血行不良や代謝不良がセルライトの発生に関係していると考えられています。

セルライトは、太ももやお尻などにできるイメージがありますが、顔にもできます。顔のセルライトは、肌のハリやツヤを損なうだけでなく、老けて見える原因にもなります。 今回は、顔のセルライトを予防したり改善したりする方法をご紹介します。

 

セルライトは、皮下組織にある「脂肪細胞」がベースとなって血管やリンパ管から溢れでた老廃物や水分、細胞などと一緒に凝り固まったもので、血行不良や代謝不良が原因で出来るとされています。

肥大化した脂肪は血管やリンパ管を圧迫して変形するため肌表面にボコボコと凹凸となって現れます。

日本人女性の80%以上にセルライトがあるといわれているようです。

 (8095)
セルライトというと、お尻、二の腕、足などにつくと考えられがちですが、皮下脂肪の一種なので、顔にも付きます。
顔に付くセルライトは他の部位と同じく、血流が滞って血中の老廃物や水分が脂肪と合体することで生じます。

顔は体の他の部分と比べると皮下脂肪が少ないので、セルライト対策を行えば比較的スグに効果が実感しやすい部位となっています。
つまり努力をした分だけ、小顔に近づけるのです。ケアのしがいがあるとも言えるでしょう。

顔につくセルライトの特徴

以下のような特徴に当てはまる方は、気が付いていない内に顔にセルライトが蓄積している可能性があります。

早速チェックしてみましょう。

オイリー肌・大きなニキビができやすい

顔の血液循環が上手く出来ておらず、老廃物や水分が溜まっている状態が続くと脂漏性皮膚炎や大きなニキビ、しこりが出来やすくなります。

フェイスラインがゴリゴリする

顔の老廃物は血流が滞りやすい箇所(あご先、フェイスライン、鼻周り)でしこりに発展しやすいです。
そのまま放置していくと、溜まった水分が影響して鼻や顎が大きく膨らんで見えてしまうこともあります。

肌がガサガサ、くすみが気になる

老廃物や水分が溜まってくると、血流が悪く肌代謝が良い状態にならないため顔色が土色にくすんできます。
さらに肌代謝の悪化からガサガサ肌、目立つ毛穴開きの原因になるので要注意です。
目、額周りの肌の色がくすんでいないか、シワが出来ていないかを確認してみてください。

頭が臭い

老廃物や脂肪のしこりであるセルライトが蓄積すると、動かす機会も少なく血流が滞りがちな頭が臭くなることもあります。
汗をかいたり、緊張をすると頭から臭いがするという方は顔についたセルライトを疑ってみましょう。
いかがでしたでしょうか?
当てはまる項目のある方は、今からでも遅すぎることはありません。
これからご紹介する顔のセルライトを無くす方法を参考にしてみてください。
 

顔に付いたセルライトの無くし方

顔のセルライトをケアするには、顔や頭皮のマッサージやストレッチを行って血流を促進し、老廃物や水分の排出を助けることが大切です。 血流が良くなると、むくみが解消されて小顔になったり、乾燥やほうれい線などの肌トラブルが防げたりする効果も期待できます。 以下に、顔のセルライトを無くす方法をいくつか紹介します。 毎日続けることで、肌の調子が良くなるかもしれません。 ぜひ、試してみてください。

顔ヨガ

顔ヨガとは、顔の表情筋を動かすストレッチです。 表情筋は使わないと凝ってしまったり弱ってしまったりします。それが、肌のたるみやシワの原因になります。 顔ヨガは、表情筋をほぐして強化することで、肌にハリやツヤを与えます。

温冷療法

温冷療法とは、温める⇔冷やすを繰り返すことで、血管の伸縮を促し血行改善を図るトリートメント方法です。

目元の疲れにもとても効果的ですので、デスクワークが多い方、日中に細かい作業が多い方には特にお勧めです。

温水、冷水にお顔、頭皮を5秒ずつ浸ける×5往復を目安に週に2度~可能であれば毎日実践できると良いでしょう。

頭皮のマッサージ

頭には足裏のようにいくつものツボや反射区があることをご存じでしょうか?
一説には足つぼマッサージと同じように頭皮をマッサージをすることで全身のケアができるといわれています。

また、頭の筋肉は顔の筋肉と密接に関係しているため、頭の筋肉をほぐしてコリを解消し血流をよくすることで顔のたるみやほうれい線、クマなどが改善できます。

頭頂部、側頭部、後頭部とまんべんなくマッサージを行っていきましょう。

 

顔のマッサージ

頭と顔を繋ぐ筋肉は前頭筋と側頭筋で、前頭筋は額やまぶたを引き上げる働き、側頭筋は目尻や頬など、輪郭周辺の部位引き上げる働きをしています。

こうした筋肉が凝り固まれば目元のむくみ、たるみ、シワの原因になってしまいます。

目元に部分的なたるみやむくみが生じれば、その部分にセルライトが蓄積しやすい状態になることでしょう。

 

鎖骨周りのマッサージ

顔についたセルライトを効果的に落とすには、顔だけのマッサージでは不十分です。
まずは、鎖骨にリンパの出口が集中しているので、鎖骨リンパを開いて老廃物が流れやすい環境を整えてあげましょう。
 
お風呂上がりに鎖骨周り、頭、顔のマッサージを行って血行改善を目指して行きましょう。
 

まとめ

顔のセルライトについて、ご紹介しましたがいかがでしょうか?

顔にセルライトが蓄積すると、肌荒れ、ニキビ、しこり、たるみなど、お肌の不調となって現れ始めます。
なかなか改善されない肌悩みの原因はセルライトなのかも知れません。
お顔についたセルライトは、お尻、太もも、お腹などの他の部位に比べると比較的取れやすいと言われています。

本記事でご紹介した内容を全て行って頂いても、毎日15分程度のセルフケアにしかなりませんから、コツコツとケア続けて、顔のセルライトを無くしてみるのはいかがでしょうか?

お顔のセルライトをなくすことで小顔効果、美肌効果、若返り効果をぜひ、実感してみて下さいね。

RELATED

関連記事

  • 美容効果抜群!白湯の効果的な飲み方を知って夏に備えよう!

  • 毎日のバスタイムで!今日からできる”美容に効果的”なお風呂の入り方

  • 40代からの化粧品の選び方|美肌続くスキンケア方法とは