スキンケア

知っ得!美肌を作る『食べ物・栄養素』◆肌のお悩み別に教えます。

スキンケア

2023/07/12

美肌になるには生活習慣やスキンケアが大切になりますが、毎日摂っている食べ物を見直すことも重要です。今回は美肌に効く栄養素と食べ物についてご紹介しましょう。

 

美肌に悪い食べ物に気をつけましょう。

美肌に悪い食べ物に気をつけましょう。

美肌効果がある食べ物について知る前に、まずは美肌に悪い食べ物について確認しておきましょう。

以下のような食べ物を多く摂っている方は、美肌を妨げている可能性が…
一度、食生活を振り返ってみてください。

    • 辛い食べ物、甘い食べ物、脂っぽい食べ物
    • これらの食べ物を多く摂っていると、皮脂の分泌が増加してニキビ等の肌トラブルを引き起こす原因に。

    • カフェイン
    • コーヒー等に多く含まれているカフェインですが、ビタミンCを壊して肌のターンオーバーを遅らせる働きがあります。

    • 冷たい食べ物
    • 夏になるとつい冷たいものが食べたくなくなりますが、冷たい食べ物は内臓を冷やして血流を悪くするので老廃物が上手く排出されなってしまいます。

美肌効果がある栄養素と食べ物

美肌効果がある栄養素と食べ物

美肌効果がある栄養素と食べ物

美肌効果のある栄養素について、肌トラブル別にご紹介します。
栄養素を多く含む食べ物もあわせてご紹介するので、毎日の食事に上手に取り入れてトラブルのない綺麗な美肌を目指してくださいね。

ニキビ肌におすすめな栄養素

    • 食物繊維
    • 食物繊維が不足すると腸内環境が悪化して、血行不良や食欲の低下を引き起こします。

    • そうなると肌に上手く栄養が運ばれなくなってしまうので、腸内環境を整える食物繊維を積極的に摂取しましょう。

    • イモ類やマメ類、根菜類に多く含まれています。

    • 乳酸菌
    • 腸内環境を整えることで肌に栄養が行き渡るようにしてくれます。

    • ヨーグルトやぬか漬け等に多く含まれています。

    • ビタミンC
    • 抗酸化作用と活性酸素から肌を守る働きがあります。

    • ブロッコリーやホウレンソウ、みかんやイチゴ等に多く含まれています。

    • ビタミンB群
    • 肌の生まれ変わりを促しニキビ肌を改善する働きがあります。

    • マグロやレバー、大豆や人参等に多く含まれています。

    • ビタミンE
    • 抗酸化作用と、ニキビの原因になる活性酵素を取り除く働きがあります。

    • アボカドやホウレンソウ、玄米やナッツ類等に多く含まれています。

乾燥肌におすすめな栄養素

    • ビタミンA
    • 皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあります。

    • カボチャや人参、ほうれん草などに多く含まれています。

    • ビタミンB群
    • 肌のターンオーバを正常に保つ働きがあります。

    • マグロやレバー、大豆や人参等に多く含まれています。

    • たんぱく質
    • 皮膚はたんぱく質からできているので、肌トラブルを防ぐのにタンパク質の摂取は欠かせません。

    • 肌のターンオーバーを行う酵素の材料にもなる栄養素なので積極的に摂取するようにしましょう。

    • 肉類や魚類、卵等に含まれる動物性たんぱく質と、納豆や豆腐等の大豆製品、野菜等に含まれる植物性たんぱく質があります。

    • 脂質
    • 脂質が不足すると肌のハリが失われて乾燥肌の原因になります。

    • ビタミンEの吸収率を上げる働きもあるので、脂質を含む良質な油を意識して摂取するようにしましょう。良質な油は、オリーブ油やえごま油です。

オイリー肌におすすめな栄養素

    • ビタミンB2
    • 脂肪の代謝を促進し、皮脂の分泌量を抑える働きがあります。

    • 緑黄色野菜や魚等に多く含まれています。

    • DHA
    • 中性脂肪やコレステロール値を下げる働きがあります。

    • サバやサンマ、イワシ等に多く含まれています。

シミにおすすめな栄養素

    • ビタミンC
    • シミの原因になるメラニンの生成を抑えたり、できてしまったシミを薄くする働きが期待できます。

    • 肌のサビ付きを抑える抗酸化作用もあるので、肌トラブルのない美肌を目指すには欠かせない栄養素です。

    • 一日2000㎎の摂取が目安になります。

    • ブロッコリーやホウレンソウ、みかんやイチゴ等に多く含まれています。

    • ビタミンB
    • 皮膚の潤いを保ち、代謝のコントロールをする働きがあります。

    • マグロやレバー、大豆や人参等に多く含まれています。

    • 鉄分
    • 酵素を全身に巡らせて肌の血流を促進し、シミの発生や乾燥から肌を守る働きがあります。

    • 牛や豚のレバーやカツオ、マグロやひじき等に多く含まれています。
 

シワ・たるみにおすすめな栄養素

    • コエンザイムQ10
    • 化粧品等に良く使われている栄養素ですね。

    • 高い抗酸化作用と新陳代謝を良くする働きがあり、肌の老化の防止効果が期待できます。

    • いわしやサバ、牛肉や豚肉等に多く含まれています。

    • ビタミンE
    • 血流を良くしたり、新陳代謝を促す働きがあります。

    • アボカドやホウレンソウ、玄米やナッツ類等に多く含まれています。

    • イソフラボン
    • ポリフェノールの一種。高い抗酸化作用で肌の老化を防止してくれます。

    • 豆腐や納豆、きな粉や味噌等に多く含まれています。

まとめ

美肌に効く栄養素をバランスよく食事に取り入れることが理想ですが、これらの食べ物を毎日食事で摂取するというのはなかなか大変ですよね。
生活スタイルによってはあまり食事に時間がかけられない方、メニューを考えるのが難しい方もいらっしゃると思います。
そのような方は、食べ物の他にサプリメントから栄養素を摂取する等、工夫して美肌づくりに取り組んでみてください。

しみ、しわ、ニキビ、毛穴、ほうれい線など「美肌」に関する記事が集まったページはこちら▼
もっと美肌になりたい

RELATED

関連記事

  • 『すっぴん美人』と言われるために、心がけるべき7つの美肌習慣

  • 簡単に続けられる美容習慣とは?たった3つで今日からキレイ!

  • 秋冬の肌荒れの原因と対処法