ダイエット・筋トレ

【チーズはダイエットの味!?】痩せたい人のための正しい食べ方を解説

New 2024/05/24

ピザやハンバーガーなどに使われるチーズ。ビールを飲むときのおつまみとして食べる習慣が多い方もいるのではないでしょうか。

 

しかし、油分を気にする方にとっては、控えた方が良い食べ物、つまり“ダイエットには不向きな食べ物”といった印象を持つ方もいらっしゃるでしょう。

 

今回は、チーズを食べると太るのか、ダイエットに不向きな食べ物なのかについて解説します。

チーズを食べると太るの?

チーズを食べると太るのでしょうか。結論から言うと、それは食べ方によります。

 

チーズは糖質の含有量が少ないので、糖質制限中でも安心して食べられる食材のひとつ。

 

また、チーズに含まれる脂質は多いですが、脂質を構成する要素は短鎖脂肪酸と中鎖脂肪酸と呼ばれるもの。

 

これらは脂肪の蓄積を抑える効果が期待できると言われていることから、そこまで気にする必要はないと考えられています。

チーズはダイエットに効果的な栄養素が豊富!

糖質が少なくダイエットにも効果的な脂質を含むチーズには、体にうれしい栄養素が豊富に含まれています。

 

  • タンパク質
  • カルシウム
  • ビタミンB2

 

美容や健康維持を目的とした食生活を送りたい方にとっては、チーズは最適な食べ物と考えられるでしょう。

ダイエット中のチーズの食べ方と注意点

脂肪の蓄積を抑える脂質を含んだチーズ。

 

食べ方によっては、ダイエット中のメイン食材として活用するのも効果的です。

 

ここでは、ダイエット中の方におすすめなチーズの食べ方と注意点をご紹介します。

間食のひとつとして食べる

ダイエット中のチーズの食べ方は、間食として食べるのが効果的です。

 

気分転換やちょっとした空腹を感じたときにチーズを食べることで、低糖質なので血糖値がゆるやかに上昇されるので、急激な眠気や倦怠感を感じずおだやかな気持ちでダイエットを続けることができます。

 

なにか食べたいと感じたときは、以下のチーズを取り入れてみましょう。

 

  • プロセスチーズ
  • モッツァレラチーズ
  • カマンベールチーズ
  • カッテージチーズ

食べる量に注意!

糖質が少なくダイエットに効果的な脂質だからといって、食べ過ぎは厳禁です。

 

チーズは乳製品なのでおながかゆるくなる場合があるほか、塩分の過剰摂取につながりむくみやすくなる可能性があります。

 

口寂しくなったときやちょっとした空腹などを感じたときなどに留め、チーズを上手に活用しましょう。

まとめ

今回はダイエット中の方におすすめなチーズの食べ方と注意点について解説しました。

 

糖質が低くダイエットに効果的な脂質を含むチーズは、ダイエット中の方をフォローする食材と言えるでしょう。

 

ただし、塩分が多いことからむくみが起きやすく、また乳製品であるためおなかが緩くなる場合がありますから、食べ過ぎに注意しながら上手に活用することをおすすめします。

RELATED

関連記事

  • 寝ながらできる!ヒップアップのための骨盤ストレッチとエクササイズ

  • 脚痩せに効果的な3つの方法

  • 一週間で脚やせを成功させるためには?キーワードは「むくみ解消マッサージ」