20代前半なのに白髪が…若白髪の原因と対策について

公開日:2019年09月19日

20代前半なのに白髪が…若白髪の原因と対策について

白髪といえば30代、40代から生え始めるイメージがありますが、

10代や20代でも白髪が生えてくる方もいらっしゃいます。

若白髪が生えても気にならない方もいると思いますが、若白髪に悩んでいる方もいらっしゃいます。

今回は若白髪の原因と対策についてご紹介したいと思います。

INDEX

若白髪が生える仕組み

白髪が生える仕組み

黒髪が白髪に変色してしまうイメージがありますが、

実は、黒髪が白髪になるのではなく、白髪が黒髪になるってご存じでしたでしょうか?

髪の毛は元々白い色をしています。

メラノサイトという色素細胞が合成するメラニン色素が白い髪に色を付けることが黒髪になります。

つまり白髪とは白から黒になれなかった髪の毛になります。

白髪の種類

白髪には2つの種類があります。

休止型

何らかの理由で一時的にメラニンの生成が止まったためにできた白髪

欠失型

メラニンを合成するメラノサイトが減少もしくは無くなってしまったためにできた白髪

白髪のほとんどは欠失型です。

欠失型の主な原因は老化ですので完全に治すことはできません。

一方で休止型の方は、

メラニン生成を再開することができれば再び黒髪が生えてくる可能性があります。

そして若白髪の場合は休止型のことが多いと言われています。

よって、メラニン生成が休止してしまった原因を改善することが黒髪を取り戻すことにつながります。

若白髪が増える原因

前述したとおり若白髪の多くは休止型ですので、

メラニン生成が止まってしまった原因が若白髪の原因と言うことができます。

そしてその原因のほとんどが10代・20代の生活習慣によるものです。

食生活のみだれ

コンビニご飯やジャンクフード、お菓子ばかり食べていないでしょうか?

外食ばかりになっていないでしょうか?

添加物が多い食べ物ばかり食べていないでしょうか?

過度なダイエットで食事回数が極端に減っていたりしないでしょうか?

栄養が不足したり、栄養素が偏ると、頭皮に十分な栄養素が届かず、元気な黒髪が育ちません。

ストレス

学校や会社での人間関係、SNS疲れ、マウンティングなど、現代はストレスを抱えやすい社会です。

ストレスが増えると自律神経が乱れ、血行不良になります。

血行不良になると頭皮まで栄養が伝わりづらくなってしまいます。

またストレスが原因で暴飲暴食や睡眠障害になってしまうことも若白髪の原因になります。

睡眠不足・眼精疲労

当たり前のようにインターネットが身近にある現代では、

深夜まで動画を見たり、Webサイトを見たりすることができます。

なので、寝始める時間が午前1時や2時になる人も多いのではないでしょうか?

睡眠不足や眼精疲労も血行不良を引き起こすので、若白髪の原因になります。

また睡眠不足は成長ホルモンの分泌を少なくするので、髪の育成を妨げることになります。

人の髪は寝ている間に成長したり修復したりするので、髪にとって睡眠は大切な要素です。

若白髪の対策

若白髪を治したいと思っていたり、若白髪を防ぎたいと思っている場合は、

前述した原因を取り除く努力が必要です。

  • バランス良い食事や自炊を意識する
  • リフレッシュできる趣味や、適度な運動でのストレス発散
  • 夜更かしをしない。規則正しい生活リズムで過ごす
  • 夜スマートフォンやパソコンの画面を見過ぎない
  • 頭皮の血行が良くなるように頭皮マッサージをする

などです。

健康的な生活を送ることが何よりも大切です。

まとめ

主に休止型の若白髪の原因と対策についてご紹介しました。

尚、若白髪には遺伝や何かしらの疾患が原因の場合もあります。

悩みが大きい場合は専門のお医者さんに相談してみて下さいね。

25 件

関連記事