スキンケア

洗顔はお湯だけで良い?肌に優しい洗顔料の成分や選び方のコツを解説

2022/10/25
熱中症のニュースが絶えない時期になりました。みなさま体調に気をつけてくださいね。
夏の強い日差しと絶え間ない汗や冷房で肌の乾燥が加速していませんか?
肌のトラブルに合わせてスキンケアを増やし続けていませんか?

今回は乾燥などの肌ダメージ対策になる、足すスキンケアから減らすスキンケア「お湯だけ洗顔」のご紹介です。

 

お湯だけ洗顔のメリット

 (9655)

保湿力が高まり肌を乾燥や刺激から守る

洗顔料を使うと汗と皮脂で出来た皮脂膜や、お肌の潤いを保ってくれるセラミドなどが流れてしまい、セラミドは皮脂膜と違い回復するまでに時間がかかるため、朝晩の2回とも洗顔料を使うと、どんなにオイリーな肌でも乾燥してバリア機能が弱まり、肌がダメージを受けやすい状態になってしまいます。
お湯だけの洗顔では必要以上に肌の潤いを守る成分を流されず、肌の保湿力が高まります。

ニキビ・毛穴の開き・テカリを抑える

洗浄力の高い洗顔料の使用や洗顔のしすぎで、乾燥が悪化して肌のターンオーバーが乱れてニキビや毛穴が開く原因に繋がることもあります。
皮脂は水に溶けやすくお湯だけでの洗顔でも余分な皮脂は落ちます。
なので、肌に負担が少ないお湯だけの洗顔に変えることで、肌の潤いを保つ成分が流れず肌の保湿力が高まり、毛穴が開きすぎたり、肌が傷ついてできるニキビの対策になります。
乾燥肌や敏感肌で、乾燥が原因で肌が荒れていると感じる方は一度お湯だけでの洗顔をしてみると効果が実感できるかもしれません。
オイリー肌の方も乾燥して皮脂が過剰に分泌されている可能性もあるので一度試してみてくださいね。

お湯だけ洗顔デメリット

皮脂の量によりますが、夜のスキンケアでオイルや油分の高いものを塗る人はお湯だけ洗顔では落としきれません。
朝には夜に塗ったスキンケアが酸化しています。肌に残しておくと肌にダメージを与えて肌の乾燥に繋がるので、お湯だけ洗顔ではなく洗浄力の低い洗顔を少量使って洗顔することをおすすめします。
夜はお湯だけで洗顔して古い角質や落としきれなかった皮脂が毛穴に残ったままになると、毛穴が開いたり黒ずんだり、ニキビなどの原因になるため、夜は洗顔料を使って洗顔しましょう。
 

お湯だけ洗顔肌質別向き不向き

お湯だけ洗顔は敏感肌・乾燥肌の方におすすめです。
洗顔のしすぎで皮脂が過剰分泌されていると感じる方も一度試してみてくださいね。
 

お湯だけ洗顔の適温

 (9654)
お湯だけ洗顔をする時は、32度程度で行いましょう。
少し冷たく感じますが、32度は皮脂が溶ける温度です。普段あったかく感じるくらいの温度で洗顔している方は、必要以上に皮脂を洗い流してしまっている可能性があります。
皮脂の分泌量が多い日や、普段からオイリー肌の方は少しあったかく感じる温度で余分な皮脂を落としてスキンケアでしっかり保湿してもよいでしょう。
洗顔後そのままにしてしまうと、肌が乾燥から守るために余計に皮脂を分泌してしまうので、どんな肌質でもお湯だけ洗顔をした後はスキンケアは必ず行いましょう。
 

お湯だけ洗顔のやり方

お湯だけの洗顔方法は、以下の通りです!

タイミング

お湯だけの洗顔を行うタイミングは、基本的に朝だけにしましょう。
夜はメイクの汚れや、外で着いた汚れのため肌のダメージに繋がります。しっかり落として肌を清潔に保ちましょう。

手順

32度の少し冷たく感じる温度のお湯で肌を包み込むように当てていきます。
この際にこすったりバシャバシャと勢いよくかけたり、手でこすったり、シャワーから直接顔に当てたりすると肌を傷つけてしまうため注意しましょう。

肌の様子を確認しなが5回程度肌を包み込んで、余分な皮脂が取れたらタオルで水分を拭き取ります。

この際もゴシゴシとこすったりせずに肌にタオルを押し当てるようにして優しく拭き取りましょう。
 

まとめ

▶︎お湯だけ洗顔のポイント
・お湯の温度は32度
・湯だけ洗顔は朝だけ行う
・シャワーから直接お湯を当てたり手でこすらない

お肌の悩みや状態に合わせてお湯だけ洗顔を取り入れてみてください。
1日で劇的は効果は出ませんが、続けていくと肌の乾燥やトラブルの解消効果を期待できます。
コツコツと続けて美肌を目指しましょう!

RELATED

関連記事

  • 夏のスキンケアは「保湿」が大事?正しいスキンケア方法とは