ひざ下の脚やせ!セルフマッサージをより効果的に行う秘訣3つ

ひざ下の脚やせ!セルフマッサージをより効果的に行う秘訣3つ

ひざ下の脚やせ、この夏は特に欠かせない!?

大人っぽい着こなしのミニスカートが今夏のマストアイテム。

せっかくトレンドを押さえてスカートを買っても、デートや仲間との集まりで「いざ着るぞ!」という日になって、脚やせ対策が不十分だったがために「やっぱり今度にしようかな…」とためらってしまうのでは残念ですよね。

自信を持ってトレンドを着こなすために、何よりもその日にウキウキした気持ちで過ごせるためにも、短い丈のお洋服から除く“ひざ下”のケアを日頃からしっかりと行っておくことが大切です。

そう、脚やせの中でも、この夏は特に“ひざ下”が欠かせないのです。

ひざ下の脚やせはセルフマッサージで目指せる!

日頃からしっかりと“ひざ下”のケアを行うために、おすすめなのは何といってもセルフマッサージです。

自分でマッサージをするのが脚やせの近道だなんて聞いたら、ちょっと面倒だと感じる人もいることでしょう。

でもそこを何とかがんばってみて。

1日に5分でも10分でもいいので、とにかく毎日セルフマッサージを続けてみましょう。

というのも、ひざ下がやせられない原因は「むくみ」であることが多いのです。

脚がむくんでやせられないと悩む人の多くは、血流が悪くなって余分な水分や老廃物がひざ下にたまりがち。
そして、むくみが常態化してしまい、足首のくびれが無くなったり、ふくらはぎがパーンと張ったり…。

そんな脚やせの大敵は、1度きりのエステでノックアウトを目指すよりも、毎日こつこつとセルフマッサージを続けることで少しずつでも確実に攻略するほうが吉。

それでは、脚やせに効果的なセルフマッサージの秘訣とは、どんなものがあるのでしょうか?

脚やせに効果的なセルフマッサージの秘訣1 身体を温めてから行う

ひざ下の脚やせ、この夏は特に欠かせない!?
むくみがひどくなって、何をしても中々脚がやせないあなた、身体が冷えていませんか?

「寒い」と感じるほどの冷えではなくても、脚がいつも冷たかったり重たく感じているなら、冷えが原因で、むくみが中々解消しない体質になってしまっている可能性大。

まずは、ひざ下マッサージに取りかかる前に身体や脚を温めてあげましょう。

湯船につかる、半身浴をするなどのバスタイムを利用するのも良いですし、長い時間お風呂にいるとのぼせてしまう場合には、お白湯を飲んだり、ドライヤーで脚を温めてあげるのでもいいでしょう。

身体や脚を温めると代謝や血流がアップし、むくみの原因となっている余分な水分や老廃物が流れやすくなることが期待できるのです。

それから脚の甲や足首など心臓から遠いところから順番に、ふくらはぎや脚のスネなどを入念にもみほぐしていきましょう。

マッサージをしながらお白湯やハーブティー、常温のミネラルウォーターを飲むのも良いですね。

むくみの原因となっていた余分な水分や老廃物を流して、尿として体外へ排出することで脚やせを目指すのが、セルフマッサージの最終目的です。

脚やせに効果的なセルフマッサージの秘訣2 毎日行う

ひざ下美脚を目指すとき、ぜひ意識してもらいたいのは「毎日欠かさず」行うこと。

これだけを聞くと、「うわー、続かなかった意味がないのかあ…」と心が折れてしまう人も多いものですが、5分でも10分でも構いません。

短い時間でもよいので、「脚やせを意識しながらひざ下に触れる」時間を持ってもらいたいのです。

そうやって毎日自分の脚の状態を確認することで「昨日よりもちょっとむくんでいるな」「いつもよりも冷えている」などの些細な変化に気付くことができます。

また、「塩分や油っぽいものを取りすぎてむくんじゃったのかも」「クーラーが寒かったけど膝掛けもせずにデスクワークしてたからな…」などと普段の過ごし方に対する改善の意識が芽生えて来ればしめたもの

脚やせ美意識がぐんぐん上がっていくでしょう。

そして時間に余裕があるときには、30分、1時間かけてでも、じっくりとマッサージを行いましょう。

ひどいむくみで脚が凝り固まってしまっている場合や、マッサージをして眠った翌朝すでにむくみが気になる場合は、改善の兆しが見えるまで何日か続けてひざ下を集中して揉みほぐす時間を作ってみましょう。

ただ、揉みすぎて翌日痛みを感じてしまったときには、強いマッサージは控えて保湿程度にクリームを塗って労る優しさも大切ですね。

脚やせに効果的なセルフマッサージの秘訣3 適度な運動をプラス

脚やせに効果的なセルフマッサージの秘訣3 適度な運動をプラス
マッサージの前後に適度な運動をプラスすることも効果的です。

例えば、足先をくるくると回してみたり、脚の指でグーチョキパーをしてみたり、ふくらはぎが伸びるようにストレッチをするのもおすすめです。

ひざ下セルフマッサージは、むくみと筋肉の凝りを解消することで脚やせを目指すためのもの。

この効果を上げるためには、膝下の毛細血管の血流を促すことが大事なのです。

ハイヒールや座りっぱなしのPC作業などで、日常生活では脚が一定の動きしかしなくなっているのが一般的ですが、これらの運動を行うことで血流をアップし、ひざ下の余分な水分や老廃物の排出を目指すことが可能となります。

ここで意識したいのが、「普段動かさない筋肉を意識的に動かす」ということ。

ソファに座って、床に置いたタオルを脚の指だけでたぐり寄せる、といった運動も、毛細血管の血流促進に効果的でしょう。

テレビを見ながらでもできるので、マッサージの前後に試してみてください。

まとめ

ひざ下の脚やせに効果的なセルフマッサージをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

ミニスカートを履けるようにひざ下のケアを怠らないようにしましょう。
今年は脚について気にせず思いっきりファッションを楽しんでくださいね!
14 件

関連記事