スキンケア

家でできる夏の筋トレ!暑い季節でも効果的なトレーニング方法と注意点

2023/05/30

ダイエットやプロポーション維持として注目を浴びるジムですが、初期費用がかかるほか、他人の視線が気になるといった悩みを抱える方も多いでしょう。

そのような方におすすめなのが家での筋トレです。

家での筋トレだと、初期費用が最小限で済むほか、気温が高く暑い夏でも日陰で取り組めるなど、メリットがたくさんあります。

この記事では、家で行える夏の筋トレ方法について解説します。

最小限の費用だけで気軽に取り組める筋トレをスタートし、美しい体で素敵な夏を過ごしましょう。

家でできる夏の筋トレメリット

気温が高く、高温が続く日本の夏では、家での筋トレがおすすめです。

家で取り組む筋トレでは、以下2つのメリットがあります。

快適な環境

家での筋トレは、エアコンや扇風機などの快適な環境下で行うことができます。

屋外の暑さや湿度に悩まされることなく、集中してトレーニングに取り組むことができます。

さらに人目を気にすることなく自由にできるので、体格が気になる方には特におすすめです。

時間と予算の節約

自宅でのトレーニングだと、ジムへ行く時間や会費を気にせずに進められます。

体を動かしたいときにすぐ始められるので、隙間時間を有効活用できるでしょう。

最近の100円均一では、水を入れるだけでダンベルになるグッズやストレッチ用マットなども取り扱っています。

初期費用を最小限に抑えながら気軽に始めたい方にとってはメリットと言えるでしょう。

夏の家での効果的な筋トレ方法

夏に家で取り組む筋トレには、以下の方法が効果的です。

ボディウェイトトレーニング

自身の体重を使ったトレーニングは、場所を選ばずに行えます。

プッシュアップ、スクワット、ランジなどの基本的なトレーニングを組み合わせれば、家のどこにいても気軽に体を鍛えられます。

ダンベルやケトルベルの活用

ダンベルやケトルベルを取り入れるのも有効です。

アイテムを使って家で筋トレをするなら、大きめのペットボトルや取っ手のついたアルコール容器などがおすすめです。

2Lタイプのペットボトルに水を入れればダンベルに、取っ手のついたアルコール容器に水を入れればケトルベルの代わりになります。

これらを使ってショルダープレス、デッドリフト、スイングなどの種目を取り入れることで、筋力や持久力を向上させることができます。

夏の筋トレ時の注意点

夏の暑さを考慮しながら、安全に筋トレを行うためには以下3つの注意点を守りましょう。

  • 水分補給
  • 適切な服装と環境
  • 適度な休憩

水分補給

夏の筋トレでは、適切な水分補給が非常に重要です。

トレーニング前後に十分な水分を摂取し、トレーニング中も定期的に水を飲むように心がけましょう。

また、長時間のトレーニングを行う場合は、スポーツドリンクを取り入れることをおすすめします。

適切な服装と環境

夏の暑さに合わせて、適切なトレーニング服を選びましょう。

通気性の良い素材や吸汗速乾性のある服装が適しています。

また、トレーニングスペースを涼しく保つために、エアコンや扇風機を使用するなど快適な環境を整えましょう。

適度な休憩と強度

自宅でのトレーニングではつい張り切ってしまうあまり、休憩を取り忘れてしまうことがあります。

自宅でのトレーニングであっても、適度な休憩を取り入れながら疲労回復の時間を確保しましょう。

また、暑い季節は体温上昇が早く、疲労も蓄積します。

過度な負荷をかけず、筋トレの強度を調整しましょう。

まとめ

夏の暑い季節でも家で行える筋トレは効果的であり、快適な環境と時間・予算の節約にもつながります。

ボディウェイトトレーニングやダンベル・ケトルベルを活用したトレーニングは効果的であり、全身の筋力や持久力を向上させることができます。

ただし、水分補給や適切な服装・環境の確保、適度な休憩と強度の取り方に留意することが大切です。

安全かつ効果的な夏の筋トレを行い、健康的な夏を過ごしましょう。

RELATED

関連記事

  • 【連載コラム】若さを保つ 3 大ビタミンが豊富!冬野菜〜小松菜編

  • 小鼻の黒ずみ徹底調査!取り方と原因まとめてみました。

  • 今すぐ解決!目の下のたるみは何が原因?