スキンケア

40代からの化粧品の選び方|美肌続くスキンケア方法とは

2024/02/23

40代の肌はこれまでと少し変わり、シミ・たるみ・小じわなどといったエイジングケアが基礎になります。

 

しかし、それぞれのケアを徹底したくても、数多くのスキンケアアイテムの中からどれを選べば良いのか迷ってしまう方も多いでしょう。

 

そこで今回は、40代からの化粧品の選び方と題して、年齢に合わせたスキンケアアイテムの選び方と美肌を維持するスキンケア方法をご紹介します。

 

毎日丁寧にケアしていても、シミやたるみが改善しないといった方は、本記事をぜひ参考にしてください。

 

40代の化粧品の選び方

40代の肌は、10~30代に比べて皮脂の分泌量が減少しています。

 

そのため、肌そのものの弾力や、皮脂によって守られているバリア機能が低下し始める時期です。

 

これまで以上に乾燥が気になるときや、小じわ、たるみが目立ちはじめる、敏感肌になりやすく肌荒れが続くといった方は、エイジングケアを目的としたスキンケアアイテムに切り替える時期と考えられます。

 

40代の化粧品選びのポイント

40代の化粧品選びのポイントは、加齢によって減少する皮脂を補えるよう高保湿なもの、そしてエイジングケアを目的とした美容成分を含んだものを選びましょう。

 

主な保湿成分にはセラミド・スクワラン・ワセリン・コラーゲンなどが挙げられます。

 

エイジングケアを目的とした美容成分の場合は、肌悩みに合わせて以下を参考に選ぶのがおすすめです。

 

  • たるみ・対策(ハリ・抗酸化成分を取り入れる):ナイアシンアミド・レチノール・コエンザイムQ10・ビタミンC誘導体・ケイ素
  • シミ・くすみ対策(美白有効成分を取り入れる):ナイアシンアミド・ビタミンC誘導体・アルブチン・トラネキサム酸

 

スキンケアアイテムの選び方でよくある質問

スキンケアアイテムを選ぶときは、安いものは避けた方がいいのか、ライン使いじゃなければならないのかなど、いくつか気になる点もあります。

 

ここでは、スキンケアアイテムの選び方においてよくある質問を回答とあわせてご紹介します。

 

Q1.安い化粧品を選んでも意味はある?

結論から述べると、安い化粧品を選んでも問題はありません。

 

安い化粧品は配合する成分や量が制限されているため、効果自体はゆるやかに見える可能性があります。

 

しかし、肌の状況によっては安い化粧品でも十分効果を得られる可能性もあるので、安い化粧品だからダメ、といった訳ではないことを押さえておきましょう。

 

まずは肌悩みをきちんと把握し、どの成分が必要かを調べることが大切。

 

安い化粧品をまずは実際に使用し、効果がゆるやかに感じられれば、美容成分が豊富なものや含有量が多いものに切り替えると良いでしょう。

 

Q2.基礎化粧品はライン使いしなきゃダメ?

基礎化粧品は無理にライン使いする必要はありません。

 

クリニックで販売されている化粧品はラインで売られていることが多いですが、ライン使いを強く推奨する場合は揃えて使うと良いでしょう。

 

ライン使いをしてもシミやシワが気になるときは、美容液を使って集中ケアするのもおすすめです。

 

Q3.美肌を手に入れる簡単な方法はある?

洗顔・スキンケア・メイクいずれの場合であっても、肌をこすらないことを意識しましょう。

 

マスクを着用する機会が増えた近年では、摩擦によって肌が荒れやすくなっています。

 

そういった意味でも、マスクを着用した日のスキンケアはハンドプレスでなじませるのがおすすめです。

 

まとめ

今回は40代からの化粧品の選び方を中心にご紹介しました。

 

毎日丁寧にスキンケアをしていても、シミやシワが改善されないと落ち込んでしまいますよね。

 

そんなときは、普段のスキンケア、そしてスキンケアアイテムの見直しをおすすめします。

RELATED

関連記事

  • 肌のダメージを最小限に…日焼けしちゃったときのアフターケア

  • 美容効果抜群!白湯の効果的な飲み方を知って夏に備えよう!

  • 「CICA(シカ)クリーム」で素肌ハリUP!効果や使い方を解説