スキンケア

夏の紫外線対策!日焼け止めの選び方と効果的な塗り方

スキンケア

2023/07/04

紫外線の強い夏は日焼け止めにこだわりたいもの。

しかし種類が豊富だからこそ、自分に合うものはなにか迷うことも多いでしょう。

今回は、正しい日焼け止めの選び方と効果的な塗り方をご紹介します。

できるだけ日焼けせずに夏を乗り切りたい方はぜひ参考にしてください。

紫外線による人体への影響

紫外線と聞くと、“屋外での日焼け”といったイメージが強いでしょう。

しかし、紫外線は屋内にいても窓ガラスを通して侵入し、私たちの肌へ強い影響を及ぼしています。

3種類に分類される紫外線の中でも、私たちに影響を与えるのが「UV-A」と「UV-B」です。

UV-Aは肌の真皮まで侵入する強さがあり、ハリや肌の弾力を維持する細胞を破壊します。紫外線ケアを怠ると、シミやたるみ、毛穴を開く原因につながります。

UV-Bはメラノサイトを活性化させる性質を持つもので、シミやそばかすの生成や日焼けを促します。

これらの理由から、紫外線の影響を強く受ける夏は日焼け対策がマストと言えるでしょう。

日焼け止めに記載された「SPF」と「PA」とは

紫外線の中でも特に影響を受けやすいUV-AとUV-Bですが、それぞれから肌を守るためには、自分に合う日焼け止めを選ぶことが重要です。

日焼け止めには「SPF」と「PA」といった記載がありますが、これらは紫外線からどれくらい肌を守るかを表す数値です。

SPFは「Sun Protection Factor」を略したもので、UV-Bに対する防止効果を指します。

PAは「Protection Grade of UVA」の略で、UV-Aに対する防止効果を指します。

たとえば“SPF50・PA++++”と記載があれば、UV-AにもUV-Bにも強い予防効果があることから、外出時やアウトドアに有効です。

“SPF20・PA++”など、数値も記号も少ない日焼け止めは、屋内の紫外線対策に効果的です。

日焼け止めの種類と選び方

日焼け止めは種類が多く、効果や特徴のほか、シーンや日常的な使いやすさに合わせて選ぶことが大切です。

  • クリームタイプ
  • ジェルタイプ
  • 乳液タイプ
  • スプレータイプ
  • パウダータイプ
  • バームタイプ
  • ウォータープルーフタイプ
  • シートタイプ

外出による紫外線対策を取り入れたいなら“SPF50・PA++++”で、かつ汗をかいても落ちにくいウォータープルーフタイプを選びましょう。

屋内であれば“SPF20・PA++”程度のもので、乳液タイプやシートタイプ、パウダータイプを選ぶと良いでしょう。

日焼け止めを使いすぎると肌荒れの原因になる?

日焼け止めのようなアイテムには「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」と呼ばれるサンカット剤が含まれています。

「紫外線吸収剤」は紫外線を吸収してエネルギーに変え、肌へのダメージを防ぐ効果があります。

しかし、熱をエネルギーに変換する際、人によってはアレルギー反応や炎症が見られる場合があります。

一方「紫外線散乱剤」は、天然のパウダー素材を肌につけ、紫外線を反射・散乱させて影響を防ぐものです。

肌に負担をかけにくい性質を持つ反面、白浮きして見えるほか、自分に合う日焼け止めを見つけにくいといった欠点があります。

どちらの日焼け止めを選ぶ場合も、まずはパッチテストを経て自分の肌になじむかをチェックすると良いでしょう。

まとめ

今回は夏の紫外線対策にあわせて、日焼け止めの特徴や選び方をご紹介しました。

紫外線は1年を通して私たちに降り注いでいます。

自分に合う日焼け止めを選ぶときは、本記事を参考にしながら選んでみてください。

RELATED

関連記事

  • 冬の紫外線対策:目の健康と美肌のために知っておきたいこと

  • ビキニラインの黒ずみはセルフケアから!おすすめのグッズもご紹介

  • 洗顔はお湯だけで良い?肌に優しい洗顔料の成分や選び方のコツを解説