スキンケア

夏のスキンケアがベタつく…!正しい方法と選び方を解説!

2023/07/11

紫外線によるダメージから肌を守るために欠かせないのが“スキンケア”。

しかし、どれだけスキンケアを徹底しても、ベタつきが気になるときはありませんか?

今回は、夏のスキンケアがベタつく理由と正しいスキンケアについて解説します。

汗でベタつきやすい夏だからこそ、正しいスキンケアを押さえて乗り切りましょう。

夏に肌荒れしやすい理由

夏は高温多湿が続くことから、汗をかく機会の多い季節です。

汗をかくと肌表面を水分で保湿するように感じ、スキンケアを簡単に済ませる方がいますが、実はこの考えは誤りです。

夏に肌荒れしやすい理由は、知らずのうちに受けていた肌のダメージが原因です。

汗を放置すると、強い紫外線や気温によって、汗とともに肌の奥にある水分量が減少します。

水分量が減少した肌のままエアコンをつけた部屋で過ごすと、エアコンの風によってさらに水分が奪われ、肌が乾燥します。

汗をかいた顔をハンカチなどで拭う機会が増加すると、その分だけ肌に摩擦が起きて水分量が減少、乾燥した肌に大きな負担を与えることになります。

これらの理由から、夏は肌荒れしやすい季節だと認識し、正しいスキンケアを取り入れることが重要なのです。

正しい夏のスキンケア

乾燥や摩擦によって肌ダメージが蓄積する夏は、夏に合わせたスキンケアを取り入れることが大切です。

その中でも特に心がけたいのが以下4つです。

  • 清潔を保つ
  • 適度な洗顔
  • 十分な保湿
  • 日焼け止めの活用

清潔を保つ

高温多湿が続く夏は皮脂分泌が増加することから、洗顔は毎日行い清潔を保つよう心がけましょう。

ただし、肌に詰まった汚れを取り除こうとゴシゴシ洗うのは厳禁です。

紫外線によって肌は大きなダメージを受けています。

ふわふわとキメ細かい泡を作り、プッシングしながら洗いましょう。

適度な洗顔

夏の洗顔は1日2回程度に留めましょう。

1日に何度も洗顔すると、肌表面に常住する良い菌や水分も流してしまいます。

過度な洗顔は乾燥や摩擦を招き、紫外線によるダメージも受けやすくなります。

起床時とメイクオフなど、2回程度に留めてください。

十分な保湿

汗をかく夏であっても、十分に保湿するよう心がけましょう。

夏は発汗によって肌の水分が減少しやすいほか、強い紫外線の影響により、毛穴が開きやすい季節でもあります。

毛穴が開くと肌の奥にある水分も蒸発してしまうため、十分な保湿を心がけ、肌を守るよう努めましょう。

乳液やクリームタイプなど、こってりとしたもので肌表面をコーティングするのがおすすめです。

日焼け止めの活用

夏は日焼け止めを活用しましょう。

特に夏の紫外線対策は、SPFとPA値の意味を知ったうえで、適切な日焼け止めを取り入れましょう。

日焼け止めの特徴や選び方については以下の記事で詳しく紹介しています。この機会にぜひ一読してください。

夏の紫外線対策!日焼け止めの選び方と効果的な塗り方

夏に効果的なスキンケアの選び方

発汗しやすい季節だからこそ、夏のスキンケアはベタつきに悩む人も少なくありません。

そのようなときは“夏に合わせたスキンケアを選ぶこと”が大切です。

夏に効果的なスキンケアを選ぶときは、以下3つをポイントにしましょう。

  • 夏の肌トラブルに合っているか
  • 美白成分は含まれているか
  • 自分の肌に合っているか

夏の肌トラブルに合っているか

紫外線の影響を強く受ける季節だからこそ、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンといった保湿力の高い成分を含んだ乳液やクリームを選びましょう。

夏は乾燥や毛穴への摩擦、水分量の減少によって赤みやニキビが起きやすい季節です。

保湿成分を多く含んだスキンケアを取り入れ、肌内外の水分をしっかし閉じ込めましょう。

美白成分は含まれているか

紫外線の影響を受けやすい夏は、美白成分を含んだスキンケアを選びましょう。

夏に効果的な成分は6種類です。

成分 特徴
トラネキサム酸
  • メラニンの生成を抑制する
ビタミンC誘導体
  • メラニンの還元を手助けする
アルブチン
  • チロシナーゼ(メラニンの生成に関わる酵素)のはたらきを阻害する
コウジ酸
  • チロシナーゼ(メラニンの生成に関わる酵素)のはたらきを抑制する
エナジーシグナルAMP
  • ターンオーバーを促進する
  • メラニンの排出を促進する
4MSK
  • メラニンの排出、生成抑制を手助けする

自分の肌に合っているか

夏のスキンケアは、現在の肌に合っているかを重視して選びましょう。

肌環境を知りたい方はドラッグストアの美容部員に相談するのがおすすめです。

特殊な機械で肌の水分を計測できるので、どのようなスキンケアが良いか一緒になって選んでくれるでしょう。

まとめ

今回は夏に肌荒れしやすい理由と正しいスキンケアの選び方を中心にご紹介しました。

汗をかく季節だからこそ、ベタつきが気にならないスキンケアを使いたいものです。

スキンケアに不満を感じるときは種類や成分を見直し、季節や自分に合ったスキンケアに切り替えましょう。

RELATED

関連記事

  • ウォーキングのダイエット効果について徹底解説!効果的なウォーキング方法とは?

  • 岩盤浴の入り方とは?美容にも効果的ってホント?

  • オイリー肌におすすめスキンケアランキング