スキンケア

ニキビ肌に悩む方へ|今日からできるスキンケアとメイク時のポイント

2024/02/13

毎日どれだけ丁寧にスキンケアを行っていても、頬や顎などにニキビができてしまうことはありませんか?

 

洗顔も保湿も徹底しているのにニキビができてしまうと、大きさにかかわらず気分が沈んでしまいますよね。

 

今回は、ニキビが発生する原因とニキビ肌に悩む方に押さえてほしいスキンケアの基本をご紹介します。

 

本記事を参考にしながら、ニキビを根本から防ぎましょう。

 

ニキビが発生する原因

ニキビができる原因は、主に3つの因子が関係していると言われています。

 

それはアクネ菌・皮脂・毛穴の詰まりです。

 

アクネ菌とは、人の皮膚表面近くにいる常在菌のことで、健康な皮膚にも存在していて、皮脂を栄養にしています。

 

アクネ菌によって皮脂が分解されると、肌に炎症が起きます。

 

これがニキビが起きるひとつの原因と言われています。

 

皮脂は肌の乾燥を防ぐ皮膚のバリア機能において大切な役割を担っている一方で、過剰に分泌されるとニキビにつながります。

 

毛穴の詰まりも、肌の乾燥やターンオーバーが乱れることで起きやすいため、3つの因子がそれぞれに悪影響を及ぼしてしまうとニキビが起きると考えられています。

 

フェイスラインのしつこいニキビ!原因と予防法とは?

 

ニキビ肌の基本のスキンケア

ニキビを予防するためには、基本的なスキンケアについてきちんと知っておくことが大切です。

 

スキンケアの基本は、洗浄・保湿・遮光・メイクの4つです。

 

洗浄は、肌を清潔に保つことを目的としています。

 

肌質によっては、洗浄力の強いものだと乾燥や肌荒れを招いてしまうため、自分の肌質に合った洗浄剤を選ぶよう注意しましょう。

 

保湿も同様に、混合肌や脂性肌の場合、保湿成分が豊富なスキンケアアイテムは不向き。

 

いずれも、基本的なスキンケアについて押さえたあとは、自分の肌質を把握し、肌質に合うものを取り入れながらケアするよう心がけましょう。

 

遮光・メイクは、紫外線や外部刺激から肌を守ることを目的としています。

 

裸のままの肌を紫外線や季節風にさらしてしまうと、乾燥を招き、ニキビの原因に繋がります。

 

さらに、シミやくすみ、たるみなどを招く恐れもあるので、紫外線や乾燥から肌を守るアイテムを選ぶよう意識しましょう。

 

ニキビ肌におすすめ|スキンケアアイテムの選び方

ニキビに悩むときは、ニキビ改善に期待できる成分が配合されているスキンケアアイテムを選びましょう。

 

セラミドやアミノ酸といった成分は、肌の内部にもともと備わっている保湿成分。

 

そのため、角質層の保湿を維持し、バリア機能を整えたい方は、セラミドやアミノ酸が配合されたものをチョイスしましょう。

 

ニキビがあちこちにできる場合は、肌の炎症を抑えるビタミンCまたはビタミンC誘導体を含んだものがおすすめです。

 

通勤や通学など、紫外線に肌がさらされてしまう機会が多い方は、ニキビの増加やシミ・ソバカス・乾燥を防ぐためにも、一年を通して日焼け止めを使うことを心がけましょう。

 

まとめ

今回はニキビ肌に悩む方へ、基本的なスキンケアとスキンケアアイテムの選び方を紹介しました。

 

丁寧にスキンケアを行っているのにニキビができれば、これまでの努力が無意味に感じ、気分が沈んでしまいますよね。

 

そんなときは、本記事を参考にしながらニキビに効果的なスキンケアができているかを見直し、改善を図りましょう。

RELATED

関連記事

  • ハグの効果とは? ストレス軽減で美肌を手に入れよう

  • iPS細胞のすべて:美容から再生医療まで

  • 毛穴ケアはドラッグストアコスメでもできる!清潔感のある素肌へ導く方法を解説