ビキニラインの黒ずみはセルフケアから!おすすめのグッズもご紹介

ビキニラインの黒ずみはセルフケアから!おすすめのグッズもご紹介

いよいよ夏本番!

長かった梅雨も明け、海にプールにリゾートにと、ショートパンツや水着を着る季節がやってきました。

いざ着る前に脱毛のチェックをしてみると、ビキニラインがなんとなく黒ずんで見えたなんてことはありませんか?

そこで今回はビキニラインの黒ずみの原因からセルフケアの方法までを解説します。

INDEX

ビキニラインの黒ずみの原因とは?

ビキニラインはデリケートゾーンと呼ばれる一部なだけあり、とても皮膚の弱い部分です。

誤ったお手入れやケア、下着との摩擦が原因で、

皮膚が厚く硬くなる→ターンオーバーが正常に行われない→色素沈着してしまう、

という悪循環でどんどん黒ずんでいきます。

また妊娠中は黒ずみやすいなど、ホルモンバランスも影響が出やすい部位です。

次の項目が当てはまるかもと思ったら、あなたのビキニラインは黒ずんでいるかも?!

  • カミソリや毛抜きを使ってなんどもムダ毛処理を繰り返している
  • ナイロンタオルでゴシゴシ洗っている
  • 入浴後保湿ケアなど何もしていない
  • 締め付けの強いショーツやストッキング、補正下着を愛用している
  • ナプキンやおりものシートを常に使用している
  • コンビニ弁当やジャンクフードが好きだ

いかがですか?

特に脱毛の際お風呂場で泡をつけてカミソリで剃って終わり、

といったケアは黒ずみへまっしぐらな間違ったお手入れ。

肌の乾燥を招くだけでなく炎症を起こしかゆみの原因にもなってしまいます。

また毛抜きでの脱毛もおすすめできません。

ビキニラインの毛はわきと違い太いものが多いですよね。

無理やり毛抜きで抜いた毛穴には汚れが溜まりやすく、

下着との摩擦でその汚れがさらに詰まってしまい、肌硬化の原因となってしまうのです。

そして肌のターンオーバーを正常に保つためには食生活も大事。

ジャンクフードなど脂っぽいものが好きな人は黒ずみの原因に作っていると意識しましょう!

黒ずみを防止するビキニラインのお手入れ方法

ではビキニラインの正しいお手入れ法とはどのようなものなのでしょうか。

まず脱毛はできれば医療脱毛をおすすめしますが、

自宅で処理する場合は、いきなりカミソリを当てるのではなく、

まずカミソリで剃る2〜3日前に長い毛をはさみでカットします。

カットで形を整えて剃る部分を明確に、最小にしておきます。

カットした毛先が落ち着いた頃に、剃りたい部分にワセリン等を塗り、

Vライン専用のシェーバーで毛流れに沿って優しく剃毛していきます。

この際、深剃りしたり、埋没毛を無理やり削ったりするのはNG!

またお風呂場の鏡を見ながら剃るのはいいですが、泡で剃るのは乾燥の原因となるのでやめましょう。

剃毛後は刺激の少ない化粧水などをたっぷり与えてください。

コットンに含ませてしっとりするまでパックするのもよいでしょう。

その後さらにニベアなどのクリームで乾燥を防ぐ保湿ケアを。

脱毛以外のケアでも、優しくクレンジング→たっぷりの保湿がビキニラインのお手入れの基本です。

ふだん締め付ける下着をつけている人は、家の中ではボクサーパンツにするなど、

摩擦からビキニラインを解放してあげてください。

ビキニラインの黒ずみに効くおすすめクリーム

メサイア ボディケアクリーム

黒ずみの元となるメラニンの生成を抑える有効成分アルブチン、大豆種子エキスを配合。

デクスチャーは水のように軽く、ベタつかず伸びが良い。

ヒアルロン酸などの保湿成分も配合で、下着の摩擦からも肌を守ってくれます。

妊娠中でも使用可能。

マイナ ホワイトニングクローム

アルブチンとトラネキサム酸のW配合でメラニンの生成を抑え、

ヒアルロン酸の2倍の保湿成分と言われるメタクリル酸がデリケートゾーンをしっかり保湿してくれます。

合成着色料、バラベン、紫外線吸収剤、鉱物油、エタノール、アルコール不使用なので、敏感肌でも安心。

ミュゼコスメ デリケスキン ホワイトエッセンス

脱毛サロンでおなじみのミュゼが手がけるミュゼコスメから出ているのはデリケートゾーン専用の美容液。

ビタミンC誘導体とアルブチンで透明感ある肌へ導き、肌を整える和漢西洋ハーブを配合しています。

まとめ

ビキニラインはデリケートな場所なのに下着やナプキンなどの摩擦でどうしても黒ずみやすくなります。正しい脱毛とお手入れ、専用クリームでのケアでいつでもしっとりツルツルのビキニラインを目指しましょう!
22 件

関連記事