スキンケア

「CICA(シカ)クリーム」で素肌ハリUP!効果や使い方を解説

2024/01/12

韓国で注目を集め、現在では日本でも多くの人が取り入れ始めている「CICA(シカ)クリーム」。

 

しかし、「シカ」と聞くと日本では動物の「鹿」をイメージしてしまう方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、CICA クリームの概要にあわせて、特徴や使い方を解説します。

 

CICAについて詳しく知りたい方をはじめ、美しい素肌を目指したい方はぜひ参考にしてみてください。

 

CICA(シカ)クリームとは

CICA(シカ)クリームとは、美容大国韓国で話題となった美容クリームのことです。

 

日本でも少しずつ認知され始めており、今ではインフルエンサーや美容が好きな方に注目され、話題を集めています。

 

そもそもCICAとは、動物の鹿のことではなく、皮膚保護のために用いられる保護テープ「CICA CARE(シカケア)」が由来。

 

そのため、CICAクリームは「再生クリーム」とも呼ばれており、肌荒れをケアしながら保湿する特徴から、すこやかな肌を維持したい方におすすめとされています。

 

CICA(シカ)クリームの主な成分

CICA(シカ)クリームには、「ツボクサエキス」と呼ばれる植物由来成分が多く配合されています。

 

ツボクサは韓国では一般的な成分で、蓮の葉のような形をしていて、古くからさまざまな用途に使われていました。

 

スキンケアアイテムとしてはもちろん、軟膏にも用いられています。

 

中国やインドでも古くから使われており、お茶として楽しんだり、サラダに入れて食べたりすることも多い植物です。

 

CICA(シカ)クリームの効果

CICA(シカ)は、皮膚保護に用いられていることから、肌の保護としてはもちろん、保湿・肌荒れ防止といった効果に期待できます。

 

乾燥による肌トラブルにもうるおいを与えることから、乾燥肌の方にもおすすめと言われています。

 

また、CICAクリームによっては、ツボクサエキス以外の美容成分を含んだものも多く販売されているので、テクスチャーや香り、使用感などから選ぶことも可能です。

 

CICA(シカ)クリームの使い方のポイント

CICA(シカ)クリームは、皮膚保護に効果的なアイテム。

 

保湿力に優れていることから、洗顔後に使うのがおすすめです。具体的な使い方は以下のとおりです。

 

  1. 顔を洗って水分をふき取る
  2. 適量のクリームを指に取る
  3. 肌に優しく塗布する

 

なお、メイク前に肌になじませるのも効果的です。

 

メイク前に使うときは、メイクが浮かないよう、クリームを肌にしっかりとなじませてください。

 

なじませるときは、肌にのばすイメージではなく、ハンドプレスで染みこませるのがおすすめです。

 

おでこ、鼻、頬、顎の4点にクリームを乗せて、やさしく手のひらでなじませます。

 

全体に広がったら、ハンドプレスで肌に押し込み、浸透させましょう。

 

まとめ

今回はCICA(シカ)クリームの概要と基本的な使い方について紹介しました。

 

本記事を参考にしながら使い方をマスターし、乾燥対策を徹底しましょう。

RELATED

関連記事

  • 甘酒の美容効果とは?美肌・健康に効果的な理由を解説

  • メンズスキンケア入門ー基礎知識と行うべきケアポイント

  • 音楽が美容に良いってホント?理由と適した音楽を解説!