恋愛

カップルがケンカする理由3選! 長続きに効果的な仲直り方法を学ぼう

2023/04/12
  • 美活プラザ
  • 恋愛
  • カップルがケンカする理由3選! 長続きに効果的な仲直り方法を学ぼう

どれだけ仲の良いカップルでも、考え方の違いなどからケンカに至ることがあります。

大切なのは、ケンカをしても仲直りするための歩み寄りができるかどうかです。

今回は、カップルのケンカで多く見られる3つの理由と、長続きの秘訣でもある仲直りの方法を3つご紹介します。

カップル必見!ケンカになる3つの理由

いつも仲の良いカップルでも、ケンカになるのはやむを得ないことです。

では、どのような理由からケンカにつながるのでしょうか。特に多い理由は以下の3つです。

  • 約束を守らない
  • 相手を配慮しない言動
  • 浮気の疑い

交際を続ける中でカップルの多くは、お互いに約束事を取り決めるケースが多いです。

二人の関係性をより良いものにするために交わされた約束であっても、どちらかが反故してケンカに発展する場合があります。

ほかにも、相手を思いやらない態度や言動によってストレスが溜まる場合や、自分以外の異性と遊びに出掛けてしまうなど、相手を傷つけたことが理由でケンカに発展しやすいです。

早く元に戻りたいなら 3つの仲直り方法

パートナーと仲直りをしたいなら、以下3つの方法を試してみましょう。

  • 相手の目を見て謝る
  • 感情的にならずに話し合う
  • 何もなかったように接する

パートナーと仲直りをしたいと考えるのなら、ケンカの原因がどうであれ、先に謝る姿勢を見せるのがポイントです。

「本来なら相手が謝るべき!」といったケースもありますが、それは相手も同じように考えている可能性があります。

昔から”喧嘩両成敗”といった言葉があるように、ケンカに至る理由は双方に理由があるからこそ起きるもの。

事の発端が相手であっても、ケンカ中に相手を傷つけてしまった可能性もあるのなら、できるだけ先に謝り、歩み寄りましょう。

自分から誠意ある姿勢を見せれば相手の考え方も変わり、お互いに歩み寄る環境が作りやすくなります。

その結果、ケンカをしても早いうちに仲直りができ、さらに良い関係性を築けるでしょう。

まとめ

家庭環境や考え方の違いから、仲の良いカップルでもケンカに至ることがあります。

ケンカ後の空気は心地良いものではなく、「これからどうなってしまうのだろう」といった不安も漂います。

そのようなときは少し時間を置き、冷静に考えてみてください。

自分の気持ちの中に、確かに「やっぱりこの人と一緒にいたい」と思うのなら、その気持ちと合わせて謝罪しましょう。

パートナーも『自分が悪いのに、相手は先に謝ってくれた』と気持ちを受けとめ、歩み寄る関係性を築けるでしょう。

RELATED

関連記事

  • 片思いが辛い理由と適切な対処法

  • 「脈なし」を判断!辛い片思いに効果的な5つのポイント

  • 【甘やかされ系】すべすべ女子の秘密のハンドケア術