恋愛

片思いが辛い理由と適切な対処法

2023/02/14

片思いをしている方のなかには「思いが浮かばれなさそうで辛い」「あの人はどう思っているかわからなくて辛い」など、今の状況を辛く受け止めている方も多いのではないでしょうか。

人を愛することは素敵なことです。誰かを愛しているとやる気に満ちあふれたり、毎日が充実して楽しく感じれられるときがたくさんあります。

しかし、その楽しさは長く続かないのが恋愛の難しいところでもあります。

では、片思いを辛く感じてしまう主な理由は、どのような部分にあるのでしょうか。

片思いが辛い理由は“相手の気持ちが見えないから”

片思いが辛く感じてしまう主な理由は、相手の気持ちが見えないからと言えるでしょう。

相手を思う気持ちはこれほどまでに強く、自分でさえ翻弄されている状況なのに、相手の気持ちは一切見ることができないからです。

加速する相手への思いとは反対に、相手には何の変化も見えず、自分ひとりだけが燃え上がっているようにしか思えないために、片思いは辛く感じてしまうのです。

片思いが辛いときに取り入れたい4つのこと

相手の気持ちを少しでも変えたい、変えてみせると思っていても、鈍感な人が相手ならそれは至難の業とも言えます。

片思いが辛いと感じるときは、以下4つのことを試しながら自分を俯瞰で見るのがおすすめです。

  1. 距離を取る
  2. 追わない
  3. 強めのスキンシップを取らない
  4. 相手に合わせない

相手を思うばかりにいつも追いかけてみたり、自分の方だけを見てほしいからといって過剰なスキンシップを取ったり相手に合わせようとするのは、結果的にマイナスです。

これまで一生懸命追いかけていたのなら、一度距離を取って相手を追う自分や、激しく昂ぶる恋心から離れてみましょう。

片思いが辛く感じるなら、一歩引いて現状を見直そう

片思いは本来、恋愛を、そして相手を愛する自分を楽しむものです。

しかし、相手を愛しすぎるあまり自分の気持ちすら見えなくなってしまえば、自分勝手な言動につながりやすく、相手を思いやることのできない自分にあなた自身も苦しくなるでしょう。

片思いである今の状況を楽しめるゆとりを持つことが、何より大切と言えるでしょう。

RELATED

関連記事

  • 同棲中のストレスに 適切な解決方法

  • 「脈なし」を判断!辛い片思いに効果的な5つのポイント

  • 片思いに疲れたら 効果的な対処法