スキンケア

肌の「ターンオーバー」ってなに?肌荒れの原因と整える方法を解説

2023/11/06

しつこい肌荒れを改善するには、肌の「ターンオーバー」について理解しておくことが大切です。

 

今回は、ターンオーバーの概要と乱れる原因、整える方法をまとめて紹介します。

 

肌荒れに悩む方はもちろん、ターンオーバーと見聞きしたことはあっても具体的に知らないといった方は、ぜひこの機会に押さえておきましょう。

 

肌の「ターンオーバー」とは

「肌のターンオーバー」とは、細胞が一定の周期で生まれ変わる仕組みのことです。

 

肌(皮膚)は外側から表皮・真皮・皮下組織の三つが重なり合っており、ターンオーバーは表皮で起きるもの。

 

表皮は肌の外側から

 

  • 角層
  • 顆粒層
  • 有棘層(ゆうきょくそう)
  • 基底層

 

の4層でできていますが、ターンオーバーは、表皮の一番内側にある基底層で作られた細胞が分裂し新しい細胞を生成後、少しずつ形を変えて肌の外側の層に向かって押し上げられるようなイメージです。

 

角層まで到達した細胞は、やがて垢となって剥がれ落ち、表皮の細胞が生まれ変わります。

 

基底層にある基底細胞が分裂することで新しい細胞が作られ、角層に押し上げられるまでに約2週間、細胞が角層に留まり皮膚を保護するのに約2週間かかるため、ターンオーバーは合計で4週間かかるとされています。

 

ターンオーバーが乱れる原因

ターンオーバーを乱れさせる原因は主に6つです。

 

  • 生活習慣の乱れ(睡眠や運動の不足、栄養バランスを考慮していない食事など)
  • 紫外線
  • 乾燥
  • 加齢
  • 誤ったスキンケア

 

角層にある細胞と細胞の間には、水分や細胞間脂質などの保湿成分で埋められています。

 

しかし、上述した習慣などによってターンオーバーが乱れると、細胞間脂質が不足し、細胞同士のつながりが弱まることから、皮膚のバリア機能が低下。

 

皮膚のバリア機能が低下すると、外部からの刺激に敏感になるほか、乾燥が進みかゆみや赤み、ニキビなどといった肌トラブルにつながります。

 

バリア機能については下記ページで詳しく解説しているのであわせてチェックしてみてくださいね。

 

皮膚を保護するバリア機能とは?今日からできるスキンケアを解説

 

ターンオーバーを整える方法

ターンオーバーを整えるには、先述した原因をチェックしながら生活を振り返り、改善を図ることが大切です。

 

スキンケアアイテムを導入したり睡眠をとるようにしたりするのも良いですが、食生活から改善するのが効果的です。

 

そこでおすすめしたいのがビタミンB群の摂取です。

 

ビタミンB群には、粘膜や皮膚を健康に保つ効果があり、乱れたターンオーバーを正常化するはたらきがあります。

 

たとえば、レバーやカツオ、卵や牛乳、納豆といった食品にはビタミンB群が豊富に含まれているので、毎日の食事にプラスするのがおすすめです。

 

まとめ

今回はターンオーバーの概要と乱れる原因、正常化を図るポイントについて解説しました。

 

睡眠や運動が不足している以外にも、食生活の乱れや誤ったスキンケアもターンオーバーが乱れる原因と言われています。

 

当サイトでは正しいスキンケア・洗顔方法についてまとめた記事もあるので、あわせてチェックしてみてくださいね。

 

美肌のためのスキンケア|まずは基本の『正しい順番』をおさらい!

 

乾燥の原因は“洗顔方法”?理由と適切な洗い方

 

RELATED

関連記事

  • 洗顔はお湯だけで良い?肌に優しい洗顔料の成分や選び方のコツを解説

  • ニキビができたときの正しい治し方

  • 自宅でできる毛穴ケア!簡単セルフケアで毛穴美人になる方法