スキンケア

無添加化粧品とオーガニック化粧品の定義とは

2024/02/20

化粧品の中には、無添加化粧品と呼ばれるものと、オーガニック化粧品と呼ばれるものがあります。

 

スキンケアアイテムを選ぶときは、それぞれを知った上で自分に合ったものを選ぶのがおすすめです。

 

今回は、無添加化粧品とオーガニック化粧品との相違点、無添加化粧品のメリットを紹介します。

 

無添加化粧品の定義

無添加化粧品とは、合成香料や合成着色料、防腐剤やアルコールなどの添加物を一切使用していないと公表した(謳っている)化粧品のことです。

 

「公表した」「謳っている」としている理由は、厚生労働省が指定した化粧品が関係しています。

 

2001年3月まで厚生労働省では、102種類の成分を使用していない化粧品を「無添加化粧品」としていました。

 

しかし、使用した成分をすべて消費者に表示しなければならないという「全成分表示制度」によって、無添加商品の明確な定義がなくなります。

 

つまり、上述した成分をすべて使用していなくても、いずれかを使用していない化粧品であっても、無添加化粧品と言えてしまう、ということです。

 

そのことから、「無添加と記載があるから大丈夫」「無添加と記載があるから安全」といった訳ではなく、化粧品を購入するときはきちんと成分表を確認することが大切です。

参考

https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11120000-Iyakushokuhinkyoku/keshouhin-standard.pdf

https://www.caa.go.jp/policies/policy/food_labeling/nutrient_declearation

 

オーガニック化粧品の定義

無添加化粧品とオーガニック化粧品との違いは、配合された成分です。

 

オーガニック化粧品とは、有機栽培された植物から抽出した成分を配合した化粧品のことです。

 

農薬・化学肥料を使わず遺伝子組み換えも行っていないので、無添加化粧品に含まれると考えられます。

 

しかし、厚生労働省では化粧品のオーガニック基準について定めておらず、1%でもオーガニック成分が含まれた化粧品であればオーガニック化粧品と言えてしまうのが現状です。

 

つまり、無添加化粧品と同様に、使用にあたっては成分表に目を通し、自分の肌質に合っているかをチェックすることが大切です。

 

参考

https://www.j-organic.org/organiccosmestandard.html

 

まとめ

今回は無添加化粧品とオーガニック化粧品の定義について解説しました。

 

無添加化粧品またはオーガニック化粧品と記載があっても、成分表には目を通し、どんな成分が配合されているのかを確認することが大切であることがわかりました。

 

それぞれ細かな定義がないことから、購入を検討するときは、自分自身で確認し、適切なものを手にするよう注意しましょう。

RELATED

関連記事

  • キールズクリームとは?概要や使い方を解説

  • 家でできる夏の筋トレ!暑い季節でも効果的なトレーニング方法と注意点

  • 秋ならではの肌悩みランキングトップ3|特に注意したい原因とは?