生活

美容にGOOD!アスパラギン酸!

生活

2023/07/21

美肌のために、食生活にアスパラガスとキャベツを取り入れよう!

「アスパラギン酸」は、アスパラガスから発見された絶大な美肌成分です。
新陳代謝を活発にし、たんぱく質の合成を助けるなど肌を美しく整える効果は絶大です。さらに、免疫力を高め体力回復にも効果があると言われています。
また、ビタミンC、ビタミンEも含まれています。ビタミンCは水溶性の為茹でると逃げてしまいます。栄養素を最大限に得るためには焼くか、炒めるかの方が良いでしょう。

スーパーでよいアスパラガスの見分け方

  • 茎が鮮やかな緑色で、茎の太さは一定のもの
  • 切り口が鮮やかで、変色していないもの
  • 芽に張りがあって穂が締まっているもの
  • 穂先から茎までが太いもの

アスパラガスは、良質なたんぱく質を含む鶏肉と一緒に食べると肝機能の強化に効果を発揮します。そのため“黄金コンビ“ともいわれている、アスパラと鶏肉の炒め物の作り方(2人分)をご紹介します。

アスパラと鶏肉の炒め物の材料

    • アスパラ (皮をむき斜め切り) 2本
    • 鶏もも肉 (一口大) 1枚(約250g)
    • サラダ油 大さじ1/2
    • ☆みそ 大さじ1
    • ☆酒 大さじ1
    • ☆みりん 大さじ1
    • ☆みりん 大さじ1

アスパラと鶏肉の炒め物の作り方

  • ①熱したフライパンに鶏もも肉を皮の方から焼き、焼き色がついたら裏に返して2、3分焼く
  • ②①にアスパラガスを加え、アスパラガスに火が通ったら☆を入れ混ぜながら絡めて完成

キャベツ旬:春キャベツ⇒3~5月冬キャベツ⇒2月

 (5149)
キャベツには胃もたれの解消に効果抜群の「ビタミンU」多く含まれています。ビタミンUは胃腸の新陳代謝を活発にする効果があり胃腸のトラブルを解消する強い味方です。
また、キャベツはビタミンCも豊富に含まれています。生で2~3枚食べるだけで1日に必要な量の50%を摂取することができます。
また、これらの栄養素は熱に弱い性質を持っているため生食または熱を通す際は鍋や汁物での調理をおすすめします。
春キャベツはみずみずしくシャキシャキとした食感で甘いのでサラダや生食に適しています。一方で、冬キャベツは水っぽさがなく調味料が良く染み込むのが特徴です。炒めたり煮込んだりするのに適しています。

スーパーでよいキャベツの見分け方

  • 芯の切り口はみずみずしいもの
  • 外側の葉が濃い緑色で張りがあるもの
  • 春キャベツは葉の巻きがゆるいもの、冬キャベツは葉がぎっしり詰まっているもの

胃腸と髪を健やかに!キャベツスムージーの材料

    • キャベツ 100g
    • グレープフルーツ 1/2個
    • 牛乳 150cc
    • はちみつ 少々

キャベツスムージーの材料の作り方

  • 全てミキサーで混ぜるだけ

RELATED

関連記事

  • 【連載コラム】栄養素ふんだんの緑黄色野菜の王様!冬野菜〜ほうれん草 編

  • エイジングケア効果のある食材を使ったレシピ

  • 幹細胞培養上清液で若返る!エクソソームの美容効果と選び方